ウイスキーの自作用キットはギフトにおすすめ! ウイスキーのカスタマイズをたのしめるアイテムを紹介

ウイスキーの自作用キットはギフトにおすすめ! ウイスキーのカスタマイズをたのしめるアイテムを紹介
出典 : EvaStar/ Shutterstock.com

ウイスキーの自作用キットやアイテムがウイスキーラバーに人気です。自作といっても、お酒の製造には酒類製造免許が必須なので最初からウイスキーを造るものではなく、ブレンドや熟成によってアレンジをたのしめるものです。ギフトにもおすすめの自作用キット・アイテムを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 熟成ウイスキーを自作できる「ミニ樽」
  • ウイスキーボトルに漬け込む熟成用スティック
  • ウイスキーの飲み比べセットは自作ブレンドにもおすすめ

熟成ウイスキーを自作できる「ミニ樽」

Lev Kropotov/ Shutterstock.com

ミニ樽の魅力

「My熟成樽」を購入するウイスキー愛好家が増えています。

実際のウイスキーの熟成には容量180リットルから480リットルのオーク樽を使用するのが一般的ですが、近年注目を集めているのは1~5リットル程度の小さな樽です。この樽に既成のウイスキーを詰めれば、早ければ2週間程度で変化が現れるそう。

炊飯器ほどの大きさのミニ樽は部屋のインテリアアイテムとしてもインパクト大。誕生日や記念日などを熟成開始日にして、開封する日に再び祝杯を挙げる、という使い方も素敵ですね。

ミニ樽での熟成方法【準備編】

ミニ樽にはさまざまな種類があり、インターネットショップなどで購入できます。購入後はすぐに次の作業を開始しましょう。

【ミニ樽を使用する前の準備】
1.樽は乾燥した状態で届くため、水を入れて木を膨張させます(スウェッティング)。約1日置いておくと木が膨張し、漏れる隙間がなくなります。
2.洗浄後、75度以上の熱湯を樽に入れ、3分ほど置いて殺菌します。お湯を捨て、ある程度水気が取れるまで乾燥させて準備完了です。

ミニ樽での熟成方法【実践編】

ミニ樽で熟成させるウイスキーは、アルコール度数の高いカスクストレングス(加水してアルコール度数を調整せずにそのまま瓶詰めされたウイスキー)がおすすめです。詰め替えてもアルコール分が飛びにくく、刺激的な味わいがまろやかに変化する熟成効果を実感しやすいでしょう。ノンエイジや熟成年数の短いものも、変化を感じやすいかもしれません。

また複数のウイスキーを組み合わせて、自分好みのブレンデッドウイスキーに仕上げることもできます。「ニューポット」と呼ばれる樽熟成させていない無色透明の原酒を使えば、時間はかかりますが、ウイスキーが徐々に色づいていく様子をたのしめます。

ウイスキーボトルに漬け込む熟成用スティック

SeaRick1 / Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事