【2級 vol.4】日本ビール検定(びあけん)予想問題! 問題編

【2級 vol.4】日本ビール検定(びあけん)予想問題! 問題編

2021年に約4,500人が受検した日本ビール検定(びあけん)。2022年は9月1日から10月31日まで開催されます。 たのしいお酒.jp編集部では、びあけんを受験する方の試験対策のために過去問題と予想問題を連載します。ビールが好きな方は、ぜひ問題に挑戦してみてください。協力:日本ビール検定

  • 更新日:

※日本ビール検定(びあけん)予想問題は「たのしいお酒.jp」編集部の独自コンテンツです

問1 ビールの歴史

次に記載したビールの歴史に関連した内容のうち、時代の古い順に並び変えた場合、正しい順になっているものはどれか。正しいものを選べ。
①ウィルヘルム4世による「ビール純粋令」の発布
②ピルスナービールの誕生
③ハンゼンが酵母純粋培養法を発明
④ギネス社がスタウトポーターを発売

(a)①-④-②-③
(b)①-③-②-④
(c)③-①-②-④
(d)③-②-①-④

問2 ビールの記念日

ビールに関連した記念日で、「4月23日」は何の日か。次の選択肢から正しいものを選べ。

(a)世界ビール・デー
(b)IPAの日
(c)ビアホールの日
(d)地ビールの日

問3 オフフレーバーの原因

ビールの醸造工程や原料、または完成した後の保存環境により、本来ビールにあるべきでないにおいが発生することがある。これをオフフレーバーと呼ぶが、「とうもろこしのようなにおい」の原因物質は、次のうちどれが正しいか。選択肢より選べ。

(a)トランス‐2‐ノネナール
(b)硫化ジメチル(DMS)
(c)ジアセチル
(d)チオール化合物

「この問題は、日本ビール検定の協力のもと、たのしいお酒.jp編集部ペールエール伊東が掲載しています」

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識