蜂蜜とビールの相性はピッタリ! 蜂蜜ビール(ハニービール)の魅力

蜂蜜とビールの相性はピッタリ! 蜂蜜ビール(ハニービール)の魅力
出典 : Yurchenko Iryna / Shutterstock.com

蜂蜜とビールは、意外な取り合わせに思えるかもしれませんが、じつは好相性。蜂蜜を使ったビールは「蜂蜜ビール」や「ハニービール」などと呼ばれ、近年、密かな人気を集めています。今回は、そんなハニービールの魅力や代表銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

蜂蜜ビールを代表する銘柄はベルギーの「ビーケン」

Benoit Daoust / Shutterstock.com

蜂蜜ビール「ビーケン」とはどんなビール?

蜂蜜ビールの代表銘柄として、よく知られているのが、ベルギー産の「ビーケン」です。

「ビーケン(Bieken)」とは、現地の言葉で「小さなミツバチ」という意味ですが、男性が女性を口説く際にささやかれる言葉でもあるのだとか。「ビーケン」のラベルには、ミツバチの体をした女性が描かれているように、ロマンチックな印象のビールです。

栓を開ければ、蜂蜜の華やかな香りに、りんごや洋なしなどのフレーバーが混ざり合います。見た目は明るいゴールド。口に含めば、やわらかな甘味を主体としながら、ほのかな苦味やスパイシーさも感じられ、サラダやデザートに合わせるのもおすすめです。

蜂蜜ビール「ビーケン」を造る醸造所の歴史

蜂蜜ビール「ビーケン」を造るボーレンス醸造所は、ベルギー・東フランデレン州のベルセーラで、1800年代からビール造りを続けてきた老舗。第一次大戦により、一度は醸造を停止しましたが、1993年に再開。その年に発売されたのが「ビーケン」です。

ボーレンス醸造所は、小規模ながらもベルギービールの歴史と伝統を大切にしたビール造りに定評があります。「ビーケン」は、そんな醸造所が大事に保管してきた伝統的なレシピに沿って造られる蜂蜜ビールです。

蜂蜜ビール「ビーケン」のルーツはフルーツ・ランビック

蜂蜜ビール「ビーケン」を生んだベルギーの伝統的なビアスタイルに「ランビック」があります。16世紀ごろに誕生したランビックは、野生酵母を使って自然発酵させるため、酸味の強いビールに仕上がります。

この酸味を抑えるために生まれたのが、ランビックにチェリーやラズベリー、ピーチ、カシスなどのフルーツを漬け込み、二次発酵させた「フルーツ・ランビック」です。

これらフルーツの代わりに、蜂蜜を加えたものが「ビーケン」などのハニービール。その意味では、ベルギー生まれのフルーツ・ランビックがハニービールのルーツといえるでしょう。

蜂蜜ビールは台湾や日本でも注目

NH / Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事