ビールを温める?「ホットビール」の魅力

ビールを温める?「ホットビール」の魅力
出典 : Joshua Resnick / Shutterstock.com

「ビールを温める」と聞いて、驚く人もいるでしょう。確かに、ビールといえばキンキンに冷やして飲むのが一般的ですが、ビールの本場・ドイツなどでは、ビールを温めて飲む「ホットビール」という飲み方が親しまれています。今回はホットビールの作り方やおすすめの飲み方などを紹介します。

  • 更新日:

ビールを温めて「ホットビール」をたのしむコツ

ビールを温めて「ホットビール」をたのしむコツ

goffkein.pro / Shutterstock.com

ビールを温める「ホットビール」は、電子レンジを使えばじつにカンタンにたのしめます。ビールを温める時間の目安は、100ミリリットルあたり500ワットで1分程度。電子レンジがない場合は、もちろん鍋にビールを入れて温めてもOKですが、その際は沸騰する前に火を止めるのがポイントです。

ビールが温まったら、そのまま飲んでもよいですが、トッピングによる味の変化もたのしみたいもの。黒砂糖や三温糖、ハチミツなどの甘味を加えると、ビールの苦味が抑えられて飲みやすくなります。
シナモンやショウガ、レモンピールなどのスパイス類もおすすめです。ホットビールのトッピングは無限の組み合わせがたのしめるので、さまざまなパターンで試してみましょう。

ちなみに、電子レンジから取り出したばかりのビールは衝撃を与えると吹きこぼれやすいため、トッピングを加えるには少し時間をおいてからにしましょう。

ビールを温める「ホットビール」に適したスタイル

ビールを温める「ホットビール」に適したスタイル

RONORMANJR/ Shutterstock.com

ビールを温める「ホットビール」は、ビールの本場・ドイツなどでは古くから親しまれてきた飲み方です。とはいえ、どんなスタイルのビールでも合うというものではなく、やはり温めて飲むのに適したビールを選びたいものです。

ビール通のあいだで、温めて飲むのに適したビールの条件といわれるのが、香ばしさが感じられるボディの強いスタイル。スタウトやシュヴァルツなどが代表的です。逆に、IPA(インディア・ペールエール)など苦味の強いスタイルは不向きとされていますが、銘柄や甘味・スパイスとの組み合わせにもよっても異なりますので、必ずしも断言はできません。

また、ビールを温めるということは、少なからずアルコール分が揮発することを意味しています。「アルコール度数が下がるともの足りない」という人は、アルコール度数が高めの銘柄を選ぶこともポイントです。

ビールを温める「ホットビール」はこんな日におすすめ

ビールを温める「ホットビール」はこんな日におすすめ

AKushnirchuk/ Shutterstock.com

ビールを温める「ホットビール」は寒い日にはおすすめの飲み方。ビールそのものの温かさと、アルコールの作用が、冷えたカラダを内側から暖めてくれます。
ショウガやハチミツを加えれば、味わいが深まるとともにカラダが芯から温まり、就寝前に飲むとぐっすり眠る効果も期待できます。

ビールの本場であるドイツでは、冬場に屋外で暖を取るために飲むのが一般的で、「風邪の予防」としてもホットビールが飲まれてきたそうです。日本の「たまご酒」にも似た習慣といえますね。

ビールを温めて飲む「ホットビール」は、温かいお酒が恋しくなる季節にはおすすめの飲み方です。今回、紹介した作り方、たのしみ方を参考にして、一度試してみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識