トマトの酸味でさっぱり食べやすい 「牛トマトすき煮」

トマトの酸味でさっぱり食べやすい 「牛トマトすき煮」

寒い季節のおつまみに、フライパン一つでできる炒め煮のレシピを紹介します。少し甘味の強いすき焼きのたれをトマトの酸味がおさえ、さっぱりとおいしくいただけますよ。合わせるお酒も選ばないので、好きなお酒を飲みながらぜひチャレンジしてみてください。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール

フライパン一つでできる、カンタンな炒め煮です。好みもありますが、市販のすき焼きのたれは甘味が強いものが多く、他の料理に活用する時はトマトなど酸味のある具材や黒酢などの調味料と合わせれば、甘味がおさえられ、それがコクとなります。アレンジにはお餅を使った、〆にぴったりな卵とじを。甘辛い味がトッポギのようで、また新たな一面をたのしめますよ。

【材料/2人分】
牛肉…120g
玉ねぎ…1/4個
トマト…1個(中サイズ、100g)
三つ葉…1束(15g)
すき焼きのたれ(ストレート)…100ml
油…小さじ1

【作り方/10分】
1.牛肉はひとくち大に、玉ねぎは皮をむいて薄切りに、トマトはくし形切りにする。三つ葉はざく切りにする。
2.フライパンやスキレットを中火にかけ、油を入れて、牛肉、玉ねぎを炒める。
3.すき焼きのたれ、トマトを加えて、3分ほど煮る。三つ葉を加え、火を止めて出来上がり!

火が通るぐらいに牛肉、玉ねぎを炒めておいてから煮込みます。

【コツ・ポイント】
●日本酒や赤ワインと合わせるなら、すき焼きのたれを加えて煮込む際に少しお酒を加えてもおいしいですよ。ビールと合わせるなら、玉ねぎを長ねぎに、三つ葉を春菊に代え、仕上げに黒胡椒をふりかけた少しガツンとした味わいのすき煮としてもよいですね。
●アレンジするなら、お餅入り卵とじを作ってみましょう。ひとくち大に切った餅を加えて温め(水分が減り、味が濃くなっていたら水を加えて調整してください)、餅がやわらかくなったら溶き卵を加えて卵とじにします。満足感のある〆メニューになって、おすすめですよ。

甘辛いお餅がおいしい、卵とじのアレンジレシピもぜひ作ってみてください。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事