「生ビール」と「熱処理ビール」の違いとは? おいしさに違いはあるの?

「生ビール」と「熱処理ビール」の違いとは? おいしさに違いはあるの?
出典 : S_Photo / Shutterstock.com

「生ビール」と聞くと、なんとなく新鮮なビールと想像する人も多いと思いますが、そもそも「生ビール」とはどんな特徴を持つビールなのでしょうか? 今回は、「生ビール」と「生」ではない「熱処理ビール」との違いやそれぞれの魅力について紹介します。

  • 更新日:

「生ビール」ってどんなビール?

「生ビール」ってどんなビール?

bogdanhoda/ Shutterstock.com

「生ビール」とは熱処理をしていないビールのこと

「生ビール」とは、かんたんにいえば「熱処理をしていないビール(非加熱処理ビール)」のことを指します。日本のビールのほとんどは、この熱処理をしていない生ビールです。

とはいえ、日本では、居酒屋などで提供される樽詰めのビールを「生ビール」と呼ぶ習慣があるため、サーバーから注がれるビールだけが「生ビール」だと思っている人も少なくありません。

しかし、熱処理をしていなければ、缶ビールだろうが瓶ビールだろうが、すべて「生ビール」なのです。

熱処理をしていない生ビールは新鮮? 熱処理ビールとの違いは?

生ビールの「生」に、「新鮮」「香味が優れている」といったイメージを持つ人もいます。逆に、熱処理を施した「生」ではないビールに対しては、「新鮮でない」とか「香味が劣っている」などと誤解している人もいるようです。

しかし、このような捉え方は間違いで、熱処理の有無によって、ビールの新鮮さや香味に違いが出るわけではありません。一般的には、熱処理をしているかどうかに関わらず、適切に保管されている賞味期限内のビールであれば、どのビールもおいしくたのしめます。

「生ビール」と「ドラフトビール」に違いはあるの?

日本では、「生ビール」を「ドラフトビール」と呼ぶこともありますが、「ドラフトビール」の定義は国によって異なります。日本と海外(アメリカ・ドイツ)の事情を確認しましょう。

【日本】
ビール酒造組合が定める「ビールの表示に関する公正競争規約」では、「熱処理(パストリゼーション)をしていないビールでなければ、“生ビール”または“ドラフトビール”と表示してはならない」と規定されています。つまり日本では、「熱処理をしていないビール」という点で、「生ビール」と「ドラフトビール」は同じものと見なされています。

【アメリカ】
アメリカでは、日本と同様に熱処理をしていないビールのことを「ドラフトビール」と呼びます。ただし、熱処理をしているビールでも、樽出しであれば「ドラフトビール」と呼ぶ場合もあるようです。

【ドイツ】
ドイツでは、「ドラフト(汲み出す)」の本来の意味どおり、加熱処理を行わない樽出しのビールのことを「ドラフトビール」と呼びます。そのため、日本とは違って、瓶や缶に入ったビールは熱処理をしていなくても、「ドラフトビール」とは呼ばないようです。

ビールにおける「生ビール」って、実際はどこから呼んでいいの?

「ドラフトビール」とは何? 「生ビール」とはどう違う?

ビールを熱処理する理由

ビールを熱処理する理由

Stenko Vlad/ Shutterstock.com

熱処理はビールの保存性を高めるのに必要

ビールに熱処理を施す理由は、酵母の活動を止めるためです。ビールに酵母が残ったままだと、酵母が発酵を続けて「過発酵」の状態になり、風味が変化して、品質を一定に保つのが難しくなります。また、熱処理(低温殺菌)には、菌の繁殖を抑え、保存性を高めるという目的もあります。つまり、ビールの品質を保ち保存性を高めるのに、熱処理は必要な工程なのです。

なお、熱処理技術が生まれる前は、加熱殺菌やろ過などは施されることなく、樽出しのまま出荷されていました。酵母が残ったままのビールは保存性が低いのがネックですが、当時は、アルコール度数を高くしたり、氷で冷却したりして品質を保持していたようです。

熱処理の方法は2種類! 2つの熱処理の違いとは?

熱処理には大きく分けて2つの方法があります。その特徴をかんたんに紹介しましょう。

【トンネル・パストリゼーション】
ひとつは、徐々に温度を上げながら、最終的に60度程度の温度を20分間ほど保ったあと、温度を下げていく方法です。日本では、おもに地ビールなどを造る中小メーカーで用いられています。

【フラッシュ・パストリゼーション】
熱交換器を使って、一気に70度以上まで温度を上げ、20秒もしないうちに次の機械に移動させ、一気に温度を下げる方法です。大規模な施設が必要となるため、日本ではおもに大手メーカーで導入されています。

熱処理しているビールってどんなもの?

熱処理を行わずに殺菌する方法もある

近年は、熱処理をしなくても、ろ過技術によって酵母のほとんどを取り除き、品質を保つことが可能になりました。そのため、最新のろ過設備を整えている日本の大手ビールメーカーの製品は、熱処理をしない生ビールが主流となっています。

一方、海外のビールや日本のクラフトビール(地ビール)のなかには、熱処理もろ過も行わない非加熱・無ろ過タイプのビールが多く見られます。こちらは酵母由来の香りやコクなどをたのしめますが、賞味期限が短く、冷蔵保存が必須です。

「生ビール」と「熱処理ビール」のおいしいたのしみ方

「生ビール」と「熱処理ビール」のおいしいたのしみ方

NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

生ビールと熱処理ビールをおいしくたのしむためのポイント

生ビールも熱処理ビールもどちらもおいしいビールですが、せっかく飲むならおいしく飲むコツを押さえてたのしみたいもの。ここでは、おいしく飲むためのポイントを紹介します。

【グラスに注いで泡を作る】
ビールをおいしく飲むには、クリーミーできめの細かい泡の存在は欠かせません。泡を作るなら、「三度注ぎ」という方法がおすすめです。ビールを3回に分けて注ぐ方法で、この方法をマスターすればクリーミーで口当たりのよい泡をたのしめます。ちなみに、液体と泡の比率は7:3が理想です。

【キレイなグラスを使う】
ビールをおいしく飲むためには、グラスは清潔なものを用意するのが基本。グラスの内面にホコリや汚れがついていると、泡立ちが悪くなってしまいます。飲み終わったグラスを洗うときは、グラス洗浄専用のスポンジを使い、水気はキッチンペーパーなどで拭きとらずに自然乾燥させましょう。

【涼しい暗所で保管する】
ビールをおいしく飲むためには、保管方法にも気を配りたいところ。ビールは、日光や熱にさらされると品質が著しく劣化します。自宅で保管するときは、暗く涼しいところに置きましょう。

【冷蔵庫には飲む直前に入れる】
ビールは、冷やしすぎると風味が損なわれてしまうので、飲む直前に冷蔵庫に入れるのがベター。ビールは振動にも弱いので、冷蔵庫のドアポケットではなく、本体側に入れるのがポイントです。


以上のような手間をかけることで、生ビールも熱処理ビールも本来のおいしさを存分に味わうことができるでしょう。

それでは次以降で、「生ビール」と「熱処理ビール」の代表的な銘柄を紹介します。実際に飲み比べて、両者のおいしさをたのしんでみてください。

おいしい生ビールの見分け方とは?のどごし最高な味をたのしもう!

おすすめの「生ビール(ドラフトビール)」

日本で発売されているビールのほとんどは「生ビール」ですが、ここではとくに注目したい銘柄を紹介します。

【サッポロ ヱビスビール】
長期熟成によって造られたプレミアムビール。ヱビス専用酵母由来の芳醇な香り、クリーミーな泡、コクのある深い味わいが特徴です。

【サントリー ザ・プレミアム・モルツ 】
価格がやや割高でプレミアム感あふれるビール。クリーミーな泡と芳潤な香り、深みのあるコクが特徴で、上質な味わいをたのしめます。

【キリン 一番搾り】
キリン独自の製法で、一番搾り麦汁だけを使って造られた贅沢なビール。雑味が少なく、クリアな味わいが特徴です。

【アサヒ スーパードライ】
厳選した酵母を使用した、スッキリ辛口なビール。爽快なのどごしとキレをたのしめます。

ぜひ飲んでみたい熱処理ビールは?

あえて熱処理を施したビールも人気を集めています。おすすめの銘柄を紹介しましょう。

【サッポロラガービール】
「赤星」の名で親しまれ、日本でもっとも伝統のあるビールブランド。ほかのビールが2度ろ過機を通して酵母を取り除くのに対し、「サッポロラガービール」は、1回目はろ過機を使いますが、2回目は殺菌機を通して瞬間的に熱処理を行っています。熱処理ビールならではの昔ながらの味わいがたのしめます。

【キリンクラシックラガー】
130年以上愛飲されているブランド「キリンラガービール」。そこに、昭和40年(1965年)ごろの味わいを熱処理によって再現した「キリンクラシックラガー」が加わりました。「コク、苦み、ビールの味わい」にこだわった本格派。「ラガービール」と飲み比べをしてみるのも一興です。

【アサヒスタウト 】
イギリスの伝統的なビアスタイル「スタウト」のビール。スタウトならではの黒色の見た目と強い香り、濃厚なコクと甘味が魅力です。飲みごろは11~15度と高めなので、あまり冷やさずにたのしむのがおすすめです。


「生ビール」と「熱処理ビール」は、熱処理をしているかどうかの違いで分けられます。「生ビール」の本当の意味を知ることで、ビールのたのしみ方も変わるかもしれません。熱処理をしていない「生ビール」だけでなく、「熱処理ビール」にもぜひ注目して、おいしく味わってくださいね。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事