「おうち飲み」を楽しみながら、医療現場も支援できる。新型コロナウイルス対策の「升」が登場

「おうち飲み」を楽しみながら、医療現場も支援できる。新型コロナウイルス対策の「升」が登場

岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける大橋量器から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅でお酒を飲む「宅飲み」を促す、「わたしたちはコロナに負けずおうち時間を楽しみ枡!」が販売されました。

  • 更新日:

升の生産量日本一、大垣市からの「宅飲み」支援

現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、政府から外出自粛要請が出るなど、誰もが大きな影響を受けています。

岐阜県大垣市にて伝統的な「升」の製造を行っている有限会社大橋量器は、外出自粛により家で過ごす人たちのために、枡を使用して「宅飲み」を楽しんでもらい、新型コロナウイルス感染拡大防止のサポートをしたいという想いから、特別な升「わたしたちはコロナに負けずおうち時間を楽しみ枡!」の発売に至りました。

この商品の売上の一部は、国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」に寄付されます。

升の生産量日本一の大垣市からの「宅飲み」支援

自宅から出ないことによって、感染のリスクを回避するのみならず、もしも感染をしていた場合は拡大を防ぐことが出来ます。家にいることを促し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のサポートをしながら、自宅で過ごす人たちに少しでも楽しんでほしい。そんな思いから、「お家で呑もう」「お家で楽しもう」をテーマに「わたしたちはコロナに負けずおうち時間を楽しみ枡!」は企画されています。

「オンライン飲み会」でも活用できる

「オンライン飲み会」でも活用できる

自宅で家族との晩酌の時間に加えて、オンラインアプリを使った「オンライン宅飲み」でもこの枡を使用し、仲間や大切な人たちとの晩酌を楽しむことができます。

またこの枡には、「#stayhome」(自宅にいよう)というメッセージが印字されています。枡で楽しんでいる様子を是非SNS等で発信し、枡を通じてコロナに負けない姿を見せながら、感染拡大防止に対する「おうちで過ごす」という取り組みをシェアしてもらいたいという願いが込められています。

商品売上の一部を「国境なき医師団」へ寄付

商品売上の一部を「国境なき医師団」へ寄付

売上の一部は、対コロナウイルスの最前線で闘う国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」へ寄付。この枡を通して、購入者は全世界の感染拡大防止のための支援を行うことができます。

商品概要

<大きさ/容量>
一合枡 85mm×85mm×56mm(H)/180ml

<素材>
国産ヒノキ(木曽、東濃など)

<販売価格(税別)>
600円

<販売期間>
2020年4月7日(火)~2020年5月31日(日)

<募金額の公表>
4月末、5月末に大橋量器SNS(Facebook,Instagram)とWEBサイトで発表。

<販売先>
枡工房ますや(岐阜県大垣市西外側町2-8)
https://www.masuza.co.jp/

masu cafe(岐阜県大垣市東外側町2−9 広瀬第二ビル1F)
https://masucafe-ohashiryoki.jimdofree.com/

商品ページ
https://www.masuza.co.jp/SHOP/z5-1.html

電話・FAX・メールでの注文も可能。

有限会社大橋量器

1950年創業、大垣市が全国生産量の約8割のシェアを誇り、特産品ともなっている枡の専門メーカー

従来の計量器や節分で使われる枡のみならず、デザイナーとコラボして、インテリア商品や雑貨品の開発も手掛ける。

主力商品の「カラー枡」がニューヨークのポール・スミスでも販売されるなど、「枡を粋でカッコよく、枡をエンターティナーに」をモットーに多くの人に大垣の伝統工芸である枡を知ってもらうべく事業を展開。

升のみならず「エコ加湿器マスト」や「ヒノキスタンド」など、テレワークでの在宅勤務で使える商品もラインナップ。
https://www.masuza.co.jp/article/1168/

<大橋量器公式サイト>
https://www.masuza.co.jp/

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識