焼酎と魚料理の相性は? 焼酎に合った魚料理の選び方を知ろう

焼酎と魚料理の相性は? 焼酎に合った魚料理の選び方を知ろう
出典 : jazz3311/ Shutterstock.com

「焼酎には魚料理が合う」とよく言われます。とはいえ、焼酎には芋、麦、米など原料ごとに個性や味わいが異なるので、合わせる魚料理も焼酎の原料を踏まえて選びたいところ。ここでは、焼酎の原料ごとに、合わせてたのしみたい魚料理を紹介します。

  • 更新日:

芋焼酎と好相性な魚料理はこれ

芋焼酎と好相性な魚料理はこれ

sasaken/ Shutterstock.com

芋焼酎には濃いめの味付けが好相性

芋焼酎は、一般的には麦焼酎や米焼酎に比べて香りが強く、甘味やコクがある濃厚な味わいが特徴です。最近では、飲みやすさを重視した芋焼酎も人気ですが、黒麹仕込みや、こだわりの製法で原料の香味を引き出した個性派の芋焼酎の場合、あっさりとした味付けの料理では芋の風味に負けてしまいがち。
芋焼酎と合う魚料理を選ぶ際は、芋の個性に打ち消されないだけの、濃いめの味付けのものを選ぶのがポイントです。

芋焼酎に合う魚料理は?

芋焼酎のあてにオススメな魚料理が煮魚です。煮汁の風味が染み込んだしっかりとした味わいは、芋焼酎の濃厚な旨味に負けません。
醤油ベースの煮魚はもちろんですが、味噌ベースでも好相性。サバの味噌煮との組み合わせは、ぜひ試してみてください。
寿司屋で芋焼酎をたのしむ場合は、ぶりトロやかつおのたたきなど、脂の乗った魚をチョイスするとよいでしょう。

麦焼酎と好相性な魚料理はこれ

麦焼酎と好相性な魚料理はこれ

Nitr/ Shutterstock.com

麦焼酎のクセのなさは、幅広い料理と好相性

麦焼酎の魅力は、なんといっても麦の香ばしさ。なかにはクセの強い銘柄もありますが、多くは芋焼酎に比べてすっきりと飲みやすく、キレがよいのが特徴です。
麦焼酎は、そのシンプルな味わいから、和食はもちろん、洋食や中華料理など、多くの料理とマッチする万能の食中酒。こってりとした味付けから、さっぱりとした料理までカバーするうえ、流行りのピリ辛スパイシー風味と合わせてもたのしめます。

麦焼酎と合わせたい魚料理は?

麦焼酎は、煮魚や焼き魚、刺身といった和食はもちろん、マリネやカルパッチョ、ソテー、ムニエル、ポワレといった洋風料理ともよく合います。
意外なオススメが、炒め物やチリソース、中華蒸し、甘酢あんかけといった中華風の味付けです。麦焼酎特有の香りは、ゴマ油の香りと好相性。また、麦焼酎のキレのよさが、口のなかに残る油っぽさやスパイスのクセをほどよく薄めてくれるので、食も進みそうです。

米焼酎と魚料理が好相性な理由

米焼酎と魚料理が好相性な理由

Botamochy/ Shutterstock.com

米焼酎と魚料理との相性は最強

米焼酎は、米の持つ旨味とほのかな甘味、フルーティーな香りが特徴です。魚料理との相性は、焼酎のなかでも指折りで、刺身や寿司はもちろん、塩焼きや蒲焼き、煮付け、フライ、鍋もの、なめろうなど幅広くマッチし、魚の種類も問いません。
生臭さのある魚料理や、クセのある魚卵類、珍味なども、米の旨味とまろやかな味わいで、やさしく受け止めてくれるでしょう。

米焼酎と合わせたい魚料理

米焼酎は、煮魚や焼き魚などの家庭料理をはじめ、和洋中どんな魚料理とも好相性。なかでも、相性バツグンなのが刺身です。
調味料に頼ることなく、素材の味わいを引き出すことができるのは、米焼酎ならでは。新鮮な刺身を食べる機会があれば、ぜひ米焼酎とのマリアージュをたのしんでみてください。

焼酎と魚料理の相性は、芋・麦・米などの原料によって大きく異なります。いろいろ試して、お気に入りの焼酎にぴったりの魚料理を見つけてください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識