湖国長浜から届いたオリエンタルなビターモルト「AMAHAGAN ミズナラウッドフィニッシュ」

湖国長浜から届いたオリエンタルなビターモルト「AMAHAGAN ミズナラウッドフィニッシュ」

滋賀県長浜市にある日本最小規模のクラフトディスティラリー「長濱蒸溜所」が展開するワールドモルトシリーズ「AMAHAGAN(アマハガン)」。その第3弾として、「Edition No.3 Mizunara Wood Finish(ミズナラウッドフィニッシュ)」が9月3日(火)に発売されます。

  • 更新日:

目次

  • 琵琶湖のほとりから生まれたクラフトウイスキー「ミズナラウッドフィニッシュ」
  • 日本最小規模のウイスキー蒸溜所「長濱蒸溜所」

琵琶湖のほとりから生まれたクラフトウイスキー「ミズナラウッドフィニッシュ」

滋賀県長浜市で2016年からウイスキーの蒸留を行っている長濱蒸溜所の「AMAHAGAN」は、ウイスキー造りにとって最も重要な工程の一つである「ブレンド」に焦点を当て生み出したワールドモルトシリーズ。今回の「Edition No.3 Mizunara Wood Finish」は、「Edition No.1」「Edition No.2 Red Wine Wood Finish」に次ぐ第3弾です。

今回は、海外と長濱蒸留所オリジナルのモルトが絶妙にブレンドされ、オレンジチョコレートのようなフルーティさが特長の「Edition No.1」をベースとし、「ジャパニーズオーク」とも呼ばれるミズナラの樽で後熟。オリエンタルな個性に仕上げています。

琵琶湖のほとりから生まれたクラフトウイスキー「ミズナラウッドフィニッシュ」

外観は淡い琥珀色。グラスに溢れる長濱モルトらしい甘い麦芽の香りは、オレンジや赤りんごなど暖かみある果実と混じりあい、より芳醇に。時間が経過するにつれ、ミズナラに由来する香木のニュアンスはさらに引きたち、最後は甘いキャラメルのようなウッディネスを感じます。口に含めばオレンジの焼き菓子や、香ばしい黒糖の風味。甘味の後には、ビターなチョコレートを口の中でゆっくり溶かしているような豊かな余韻が残ります。

商品情報

<商品名>
AMAHAGAN(アマハガン) World Malt Edition No.3 Mizunara Wood Finish

<容量>
700ml

<原材料>
モルト

<アルコール>
47%

<参考小売価格>
6,900円+税

<公式URL>
https://www.romanbeer.com/nagahama-distillery/product/amahagan-ed3.php

日本最小規模のウイスキー蒸溜所「長濱蒸溜所」

日本最小規模のウイスキー蒸溜所「長濱蒸溜所」

Osaze Cuomo / Shutterstock.com

戦国時代には豊臣秀吉により長浜城が築城されるなど、琵琶湖の水運の中心地・北陸道の要衝として栄えた滋賀県長浜市。近畿地方で3番目の地ビール醸造所として、この地で1996年に操業を開始した「長濱浪漫ビール」は、築100年の米蔵を改装した醸造所にレストランを併設。「長浜エール」「淡海ピルスナー」をはじめとしたクラフトビールの数々が、地元の人々に愛されています。

「長濱蒸溜所」は、そんな長濱浪漫ビールのマスターブレンダーが「魔法の水」と称されるウイスキーと出会ったのをきっかけに2016年に施設内にて稼働を始めた、国内最小規模となるクラフトディスティラリー。豊かな水をたたえる琵琶湖と霊峰・伊吹山に囲まれた長浜の風土の中、個性的なポットスチル(単式蒸留器)からあたたかみのあるクラフトウイスキーが生まれています。

<場所>
〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1

<TEL>
0749-63-4300

「長濱浪漫ビール」公式URL
https://www.romanbeer.com/

「長濱蒸留所」公式URL
https://www.romanbeer.com/nagahama-distillery/

<関連記事>
アメリカのクラフトディスティラリーに注目!
https://tanoshiiosake.jp/3168

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識