ゴジラ(GODZILLA)ファン待望のコラボ商品「大関ワンカップ ゴジララベル」誕生!

ゴジラ(GODZILLA)ファン待望のコラボ商品「大関ワンカップ ゴジララベル」誕生!

世界最強とも言われる怪獣、ゴジラの最新作映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が5月31日から公開。ゴジラファンには堪らないコラボ商品が限定発売。2019年に生誕65周年を迎える「ゴジラ」と、発売55周年の「大関ワンカップ」が意気投合。今しか手に入れられないプレミアム商品です。

  • 更新日:

日本中のゴジラファン、日本酒ファンの皆様へ

お馴染みの人気怪獣がデザインされた希少アイテム

お馴染みの人気怪獣がデザインされた希少アイテム

「キング・オブ・モンスターズ」の「ゴジラ」と、「キング・オブ・日本酒カップ」(※1)の「大関ワンカップ」が王者同士のコラボ。人気の怪獣たちがデザインされた色鮮やかなワンカップは今しか買えないコレクターズアイテム。ファンならもったいなくて飲めない? 日本酒ファンなら迷わず飲んでしまう?

迷ったら最低でも2本ずつゲットして、1本は開栓せずにコレクションしておきたくなりますね。

日本酒カップNo.1ブランド(※2)は前回の東京オリンピックの年に発売開始!

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

2019年はゴジラ生誕65周年、そして「大関ワンカップ」の誕生日は1964年10月10日(前回の東京オリンピックの年)、つまり55周年です。世界を席巻する「ゴジラ」が今回、まずは日本国内で「ワンカップ」のラベルとなって大暴れ。この先、世界中でも暴れるのでしょうか?

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

ゴジラは65周年、大関ワンカップは55周年

日本一の酒処、兵庫県・灘を代表する銘柄としてお馴染みの「清酒 大関」。日本酒と言えば一升瓶、そして漢字ラベルが当たり前だった55年前、現在のワンカップのカタチの180ml、ブルー地に白の英語表記で「SAKE One CUP OZEKI」しかもプルアップタイプのキャップで発売されたのは、さぞ斬新だったと思われます。もし70歳くらい以上の人に聞ける機会があれば、当時の印象を聞いてみたいものです。

若い世代には、あまり馴染みのないかもしれない「大関ワンカップ」ですが、「ゴジララベル」をきっかけに、お寿司やお刺身、和のおつまみといっしょに、キリッと冷やして「冷酒」として、または温めて「燗酒」にして、一度試してみては。

超希少品!スペシャルエディションの入手方法は?

ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドン、そして・・・

ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドン、そして・・・

この4つのモンスターラベル以外にじつはもう1種類のラベルが存在するといいます。それは公式「大関オンラインショップ」でのみ入手可能なスペシャルエディション。シークレットデザイン5本×2セットで、予約受注限定での販売になるそうです。


興味のある人は要チェック!

公式「大関オンラインショップ

※1 「ワンカップ」は大関株式会社の登録商標です。
※2 インテージSRI調べ日本酒カップ容器2018年1月~12月累計販売金額

【商品名】上撰 ワンカップ ゴジララベル180ml瓶詰
公式サイト:https://www.ozeki.co.jp/godzilla/

関連記事:
清酒生産量全国1位の兵庫県。 その中心地「灘五郷」を訪ねました<前編>
https://tanoshiiosake.jp/2868
「灘五郷」を訪ねました<後編> 若手が語る灘の今と未来。各蔵おすすめ銘柄にも注目!
https://tanoshiiosake.jp/2866

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識