ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」のたのしみ方

ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」のたのしみ方
出典 : Brent Hofacker/ Shutterstock.com

ビールとジンジャーエールを組み合わせたカクテル「シャンディガフ」は、ビールをベースにしたさまざまなカクテルのなかでも飲みやすさが特徴。ビールと合わせるジンジャーエールの種類によっても味が変わってくるので、その選び方も含めて、シャンディガフのおいしい作り方を紹介します。

  • 更新日:

ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」の魅力

ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」の魅力

karins/ Shutterstock.com

ビールをジンジャーエールで割ったカクテル「シャンディガフ」は、その人気の高さから、最近では居酒屋やバーなどでも定番のメニューとなっています。ジンジャーエールで割ることによってビールの苦味が和らぎ、ビールが苦手な人でもおいしく飲むことができます。

生姜の風味が利いたシャンディガフは、通常のビールにはないピリッとした刺激を味わうことができ、いつものビールに飽きた人にもおすすめです。食事と一緒に飲むのはもちろん、食前酒としてもおすすめ。適度な辛味が食欲を増進し、食事とお酒の両方をおいしくたのしむことができます。

ビールが苦手な人でもジンジャーエールで飲みやすく

ビールが苦手な人でもジンジャーエールで飲みやすく

Rimma Bondarenko/ Shutterstock.com

シャンディガフの魅力のひとつに、ジンジャーエールの種類によって、味のバランスを変化させることができる点があります。

ジンジャーエールといえば「カナダドライ」と「ウィルキンソン」が2大ブランドとして有名ですが、それぞれ異なる個性があります。カナダドライは甘めの味が特徴的で、子どもから大人まで幅広い世代に愛される味。一方のウィルキンソンは、甘さはかなり控えめで、生姜本来の味を前面に押し出した味わいです。
ビールの苦味が得意ではない場合は、甘めのカナダドライをチョイスすることによって飲みやすくなります。反対に、甘口のお酒が苦手な方は辛口のウィルキンソンを選ぶとよいでしょう。

また、ジンジャーエールで割ることによってアルコール度数が下がり、お酒に弱い人であっても飲みやすくなります。居酒屋に行ってもあまり量を飲むことができないという人も、アルコール度数が低めのシャンディガフを注文すれば、長くたのしめるのではないでしょうか。

ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」のおいしい飲み方

ビールとジンジャーエールのカクテル「シャンディガフ」のおいしい飲み方

TierneyMJ/ Shutterstock.com

シャンディガフの黄金比は、ビールとジンジャーエールの比率が1:1とされています。もちろん、好みに応じて比率を変えても問題ありません。少しずつ調整して、お好みの比率を探してみましょう。

おいしく飲むためのコツは、グラスとビール、ジンジャーエールをあらかじめ冷やしておくこと。キンキンに冷やしておくことで、シャンディガフの魅力である「のどごし」と「キレ」を存分にたのしむことができます。

グラスに注ぐ順番にもこだわりを。基本は、先にビールを注ぎ、泡立ったところにジンジャーエールをグラスの縁の部分から流し入れるイメージです。ビールの泡の香りを存分に活かすためにも、ジンジャーエールはゆっくり、静かに流し入れましょう。

また、ビールとジンジャーエールを混ぜ合わせる際は、炭酸が抜けてしまわないように静かに回すこともポイント。マドラーで軽く数回回したら、すぐにいただきましょう。

定番のビアカクテル「シャンディガフ」は、ビールが苦手な人でも飲みやすく、アルコール度数も抑えられるためお酒に弱い人であっても長時間たのしめます。ジンジャーエールの種類やビールとの比率などを変えて、お気に入りの飲み方を探してみるのもたのしいのよいのでは?

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識