ウイスキー検定の過去問に挑戦!VOL.7(解答と解説)

ウイスキー検定の過去問に挑戦!VOL.7(解答と解説)

2019年2月10日に実施される「第8回 ウイスキー検定」。受験する皆さんやウイスキーが好きな人はぜひ問題に挑戦してみてください!

  • 更新日:

ウイスキー検定 3級問題 解答と解説

問題1
スコッチのモルトウイスキー蒸留所28ヵ所を所有する最大の会社はどこか。

①ペルノリカール社
②ディアジオ社
③ビームサントリー社
④エドリントングループ社

【解答】


【解説】
ウイスキー・スピリッツ関係で世界最大の企業であるディアジオ社は、もともと1877年にグレーンウイスキー業者が結成し、様々な会社を傘下に入れて発展したDCL(ディスティラーズ・カンパニー・リミテッド)社がその前身です。ギネスグループに買収されUD(ユナイテッドディスティラーズ)社となった後、合併により1997年から現在のディアジオ社となりました。


問題2
次の中でブレンデットスコッチ、ジョニーウォーカーのキーモルトとなっているのはどれか。

①カードゥ
②マッカラン
③ストラスアイラ
④ボウモア

【解答】


【解説】
カードゥは「黒い岩」という意味です。1811年に密造所として始まりました。その後政府公認蒸留所となり、19世紀後半にはジョニーウォーカーの重要な原酒蒸留所となりました。現在蒸留所はジョニーウォーカーのビジターセンターも兼ねています。

ウイスキー検定 2級問題 解答と解説

問題3
次の中でアイリッシュのシングルモルトはどれか。

①ターコネル    
②ジェムソン    
③レッドブレスト    
④タラモアデュー

【解答】


【解説】
ジェムソンとタラモアデューはアイリッシュブレンデッドウイスキーです。レッドブレストは伝統的なポットスチルアイリッシュウイスキーの製品です。


問題4
次の中でアイリッシュウイスキーに分類されないものを1つ選べ。

①クラウンローヤル
②ブッシュミルズ
③キルベガン
④カネマラ

【解答】


【解説】
クラウンローヤルはカナディアンウイスキーです。1968年にシーグラム社が建設したギムリの蒸留所でつくられています。現在はディアジオ社がオーナーとなっています。

ウイスキー検定 1級問題 解答と解説

問題5
オークニー諸島にある蒸留所で、スキャパ湾を見おろす崖の上に建てられている蒸留所はどこか。その蒸留所名を英語で答えよ


【解答】
SCAPA

【解説】
スキャパとはノース語で「貝床」の意味です。1994年以来操業停止が続いていましたが、2005年にペルノリカールが買収し、2007年から生産が再開されました。

ウイスキー検定 バーボンウイスキー級問題

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識