ウイスキー検定の過去問に挑戦!VOL.5(解答と解説)

ウイスキー検定の過去問に挑戦!VOL.5(解答と解説)

2019年2月10日に実施される「第8回 ウイスキー検定」。受験する皆さんやウイスキーが大好きな人は、ぜひ問題に挑戦してみてください!

  • 更新日:

ウイスキー検定 3級問題 解答と解説

問題1
ウイスキーはどのカテゴリーに当てはまる酒か。

①蒸留酒
②醸造酒
③発酵酒
④混成酒

【解答】


【解説】
蒸留酒は、アルコール発酵後さらに蒸留して造る酒のことです。簡単に言えばワインを蒸留したものがブランデーで、ビールを蒸留したものがウイスキーとなります。


問題2
ウイスキーと同じブラウンスピリッツに分類される酒はどれか。

①コニャック 
②ジン 
③焼酎 
④ウォッカ


【解答】


【解説】
コニャックはウイスキーと同様、蒸留後に木樽で熟成させるため、樽材成分が溶出して琥珀色に色づくことから、ブラウンスピリッツと呼ばれます。逆に基本的に木樽に詰めて熟成させる必要がないジン、焼酎、ウォッカはホワイトスピリッツと呼ばれます。

ウイスキー検定 2級問題 解答と解説

問題3
次の中で「世界5大ウイスキー」に入っていないものはどれか。

①パワーズ   
②ジェントルマンジャック   
③アルバータスプリングス   
④アムルット


【解答】


【解説】
アムルットはインドのウイスキーで、世界5大ウイスキーに入りません。パワーズはアイリッシュ、ジェントルマンジャックはアメリカンのテネシーウイスキー、アルバータスプリングスはカナディアンです。


問題4
次の中でハイランドモルトに分類されない蒸留所はどれか。

①バルブレア
②クライヌリッシュ
③エドラダワー
④ブラッドノック

【解答】


【解説】
ブラッドノックはローランドモルトです。蒸留所はスコットランドの国民詩人、ロバート・バーンズのゆかりの地として有名なバーンズカントリーの南、ウィグタウンのはずれにあり、スコッチの蒸留所の中では最南端に位置しています。

ウイスキー検定 1級問題 解答と解説

問題5
2013年にオープンしたウルフバーン蒸留所は何という町の郊外にあるか。

①ウィック
②サーソー
③ヘルムズデール
④ドーノッホ
⑤セントアンドリュース


【解答】


【解説】
サーソーはスコットランド本島最北の町です。ウルフバーンとは「オオカミの小川」の意味で、かつてサーソー州辺には野生の狼が棲んでいたからだといいます。

ウイスキー検定 バーボンウイスキー級問題 解答と解説

問題6
連邦アルコール法ではウイスキーのボトリングの最低アルコール度数は何プルーフと定められているか。

①80プルーフ   
②86プルーフ   
③90プルーフ   
④95プルーフ   
⑤100プルーフ


【解答】


【解説】
プルーフとはアルコール度数の単位です。アメリカンプルーフではその数字を半分にすると%に換算できます。つまり80プルーフは40%アルコールを表します。

第8回ウイスキー検定
試験日:2019年2月10日(日)
申込締切日:2019年1月15日(火)


主催
一般社団法人 ウイスキー検定実行委員会
https://whiskykentei.com/

運営
ウイスキー文化研究所
http://scotchclub.org/



たのしいお酒.jp関連記事
「ウイスキー検定を受けて奥深いウイスキーの世界をより楽しもう!」
https://tanoshiiosake.jp/3496

ウイスキー検定の過去問に挑戦 vol.4はこちら
https://tanoshiiosake.jp/3962


*当記事は、ウイスキー文化研究所の協力を得て作成しています。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識