奈良に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【近畿編】

奈良に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【近畿編】
出典 : f11photo / Shutterstock.com

奈良県には、「日本清酒発祥之地」の碑が建てられた寺があるように、遠く古代から酒造りと密接な関係があります。このため、現代でも趣ある味わいを追求した酒蔵も多く存在しています。お酒好きならぜひ試してみたい、奈良の日本酒をピックアップしました。

  • 更新日:

奈良はお酒の神様に見守られる酒造りの根源

奈良はお酒の神様に見守られる酒造りの根源

gritsalak karalak / Shutterstock.com

奈良は日本を代表する古都であり、「奈良流は酒造り諸流の根源なり」ともいわれているように、古代から酒造りが行われてきた地でもあります。

もともと日本の酒造りは「神事」と深い関わりがあり、奈良に限らず、日本各地で酒造りの神様がまつられています。なかでも、奈良県桜井市の三輪に建立する大神神社(おおみわじんじゃ)がまつる「大物主大神(オオモノヌシノカミ)」は、全国の酒造家の信仰を集める存在です。じつに神話の時代から、奈良と酒とは切っても切れない関係にあることがわかります。

その後、平安時代になると、酒造りの担い手が朝廷から寺院へと移っていきます。お寺で酒造りと聞くと違和感があるかもしれませんが、やはり神事の延長として、仏様に献上する酒として造られ、「僧坊酒」と呼ばれていました。
当時、奈良には大きな寺院が集中しており、あちこちで活発に酒造りが行われるようになりました。なかでも、菩提山町にある正暦寺では、現在に通じる近代的な酒造り技術が築かれており、「日本清酒発祥之地」の碑が残されています。

奈良名物「奈良漬」は日本酒の文化が生み出した

奈良名物「奈良漬」は日本酒の文化が生み出した

picturepartners / Shutterstock.com

奈良の伝統食品「奈良漬」は、瓜やキュウリなどを塩漬けにしてから酒粕に漬け込んだもの。酒粕が使われていることからもわかるように、日本酒と深く関係しています。

奈良漬の起源については、奈良時代に生まれたためとする説や、奈良県で考案されたためとする説など、さまざまな説があります。ともあれ、現在も食べられている奈良漬の基礎を形成したのは、やはり菩提山正暦寺だったとされています。

それ以前の奈良漬は、酒粕ではなく「どぶろく」の下に沈んだもろみに材料を漬け込んでいました。しかし、日本酒造りの先進地だった奈良で酒粕に漬ける文化が広まると、高級品として貴族から珍重されることになります。庶民に広く親しまれるようになるのは、江戸時代に入ってからでした。

奈良漬は短くて3年、長ければ十数年、添加物などは加えずじっくり熟成させることから、酒粕自体の品質が問われることはいうまでもありません。日本酒文化が発展していたからこそ、おいしい奈良漬の名産地となりえたのでしょう。

奈良の人気銘柄

奈良の人気銘柄

Payless Images / Shutterstock.com

奈良から発信される日本酒は、個性豊かなものばかり。しかし、いずれも「発祥の地」としての深い歴史を感じさせる点で共通しています。その一部を紹介しましょう。

自然発酵由来のほのかな炭酸をたのしめる【風の森(かぜのもり)】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識