リキュールのおいしい飲み方【コアントロー編】

リキュールのおいしい飲み方【コアントロー編】
出典 : Cineberg/ Shutterstock.com

コアントローは2種類のオレンジの果皮を使った、フランス生まれの香り高いリキュール。数々の古典的カクテルに不可欠な材料として、カクテル全盛期の19世紀半ばから「ハート・オブ・カクテル」と称えられてきた、その魅力に迫ります。

  • 更新日:

コアントローが「ハート・オブ・カクテル」と称えられる理由

コアントローが「ハート・オブ・カクテル」と称えられる理由

Africa Studio/ Shutterstock.com

コアントローは、ビターオレンジとスイートオレンジ、2種類のオレンジ果皮を使った、芳醇な香りが特徴のリキュール。オレンジ果皮を原料としたリキュールのカテゴリー「ホワイトキュラソー」のなかでも、よく知られている銘柄です。

コアントローは、フランスのリキュールメーカー、コアントロー社によって1875年に開発されました。
その特徴は、オレンジの果皮、アルコール、水、砂糖という、たった4つの原料のみを使ったナチュラルなフレーバー。
とくに、当時は貴重だったとされるオレンジの果皮をふんだんに使っており、苦味のある味わいから、誕生当初は「トリプルセック(3倍辛い)」という名前だったそうです。

コアントローが誕生した19世紀後半といえば、ヨーロッパではカクテルの全盛期。2種類のオレンジ果皮が醸す芳醇な香りで、またたく間に人気を集めます。さまざまなカクテルに使用されるなか、幅広い材料と絶妙に調和することから、いつしか「ハート・オブ・カクテル」、つまりカクテルの中心と呼ばれるようになり、今も、世界中で愛されています。

コアントローが材料に指定された古典的カクテル

コアントローが材料に指定された古典的カクテル

Goncharov_Artem/ Shutterstock.com

コアントローが、カクテルの世界でいかに特別な存在かは、古典的なカクテルの材料として指定されていることからもわかります。
ここでは、コアントローを指定した有名なカクテルを紹介しましょう。

【マルガリータ】

2018年に誕生70周年を迎えた、歴史あるカクテルです。
材料はテキーラ、ホワイトキュラソー、ライムジュースですが、そのオリジナルレシピに指名されたホワイトキュラソーの銘柄が、コアントロー。
もちろん、ほかのホワイトキュラソーでもたのしめますが、一度は、原点となったコアントローで味わってみてはいかがでしょう。

作り方は、2対1対1の割合のテキーラ、コアントロー、ライムジュースをシェークして、塩をグラスの縁につけたカクテルグラスに注げば完成です。

【サイドカー】

コアントローを材料に指定した初のカクテルといわれており、3つの材料が調和した、リッチな味わいで広く親しまれています。

作り方は、2対1対1の割合のブランデー、コアントロー、レモンジュースをシェークして、カクテルグラスに注ぐだけ!
フルーティで飲みやすいテイストから、女性にも人気のカクテルです。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識