【人気の国産ウイスキー】「鷹(たか)」は日本人好みの味わいを追求したウイスキー

【人気の国産ウイスキー】「鷹(たか)」は日本人好みの味わいを追求したウイスキー
出典 : Keneva Photography/ Shutterstock.com

「鷹」は“スコットランド職人仕立”と謳ったラベルからもうかがえるとおり、スコットランドで造られていますが、企画・開発元は日本というユニークなウイスキー。そのコンセプトや魅力にふれれば、手に取りたくなるはずです。

  • 更新日:

「鷹」は日本人の嗜好に合わせたブレンデッドスコッチ

「鷹」は日本人の嗜好に合わせたブレンデッドスコッチ

Shaiith / Shutterstock.com

「鷹」は、酒類の商品開発・輸入を手がける大阪市のセントミハエルワインアンドスピリッツ社が開発した国内企画のスコッチウイスキーです。

開発のコンセプトは“日本人の口に合うブレンデッドスコッチ”。本場スコットランドで蒸溜し、オーク樽に詰めてじっくり熟成させたスコッチ原酒を、熟練のブレンダーが長年培った技を活かしてブレンドすることで、日本人好みの味わいを実現しています。

ブレンドの技術だけでなく、ウイスキー原酒や熟成樽もセントミハエルワインアンドスピリッツ社が日本人向けに厳選したもの。
「鷹」という漢字を用いた雄々しいネーミング、羽ばたくタカのデザインをあしらったラベルからも「日本で愛されるウイスキーを造りたいという心意気が伝わってくるようです。

「鷹」の高貴な味わいを廉価に提供する工夫

「鷹」の高貴な味わいを廉価に提供する工夫

Rebecca Schochenmaier/ Shutterstock.com

「鷹」は、国内向けの味わいを強く意識したウイスキーですが、もうひとつの特徴がリーズナブルな価格です。

「鷹」を開発したセントミハエルワインアンドスピリッツ社は、もともと上質かつ良心価格の酒類開発に定評があり、1缶100円以下の缶チューハイや、ワンコインをテーマにした720ミリリットル瓶の清酒など、価格をおさえた自社開発商品を数々生み出しています。

そんな商品開発力は、「鷹」にもいかんなく発揮されており、ウイスキー原酒やオーク樽はもとより、熟成させる期間まで吟味。
すべてを指定することで、本場仕込みのスコッチながら、700ミリリットル瓶で1,500円ほどと、毎晩でも気軽にたのしめるコストパフォーマンスのよさを実現しています。

「鷹」のおすすめのたのしみ方

「鷹」のおすすめのたのしみ方

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

「鷹」は日本人の嗜好に合う、やさしくなめらかな風味のなかに、その名が示すとおり、芯のとおったスコッチらしさを感じさせるウイスキーです。
芳香も大きな魅力で、バニラやキャラメルを思わせるほんのり甘い香りが漂います。

飲みやすさが際立つ定番のハイボールはもちろん、「鷹」の甘い香りをたのしむならロックや水割りもおすすめです。ウイスキーを飲み慣れているなら、ストレートで試してみてもよいでしょう。

スコッチの初心者はもちろん、スコッチのファンも十分たのしめる味わいの「鷹」。試してみれば、定番の1本になることウケアイです。ぜひ手に入れてみてください。

「鷹」は、優れた日本の企画開発力に触れられる、意欲的な商品です。味わってみれば、日本の豊かなウイスキー文化を体感できるのではないでしょうか。

販売元:セントミハエルワインアンドスピリッツ社
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識