石川の日本酒【神泉(しんせん)】金沢酵母にこだわる酒

石川の日本酒【神泉(しんせん)】金沢酵母にこだわる酒
出典 : 東酒造株式会社

「神泉」の蔵元、東酒造は、初代源右衛門が地元の米を使った酒造りを始めて以来、150年以上もの伝統を築いてきた老舗蔵です。歴史に甘んじることなく、高品質な酒を生み出し続ける真摯な姿勢が、高く評価されています。

  • 更新日:

「神泉」は魚料理と飲みたい酒

「神泉」は魚料理と飲みたい酒

出典:東酒造株式会社

「神泉」を生んだ酒蔵、東酒造は、石川県では金沢に次ぐ城下町、小松の地で、幕末の万延元年(1860年)に創業しました。
以来、150年にわたって酒造りを続けてきた老舗蔵だけに、建物の至るところから歴史と伝統がうかがえます。なかでも、風情ある4つの石蔵は、国指定の有形文化財であり、2016年には日本遺産にも認定されました。

東酒造を代表する銘柄が「神泉」です。「神泉」ブランドの主力は、原料米を磨き上げた吟醸酒以上。なかでも大吟醸はフルーティな飲み口で、魚料理によく合います。
おいしさの秘密は、金沢酵母。派手な香りはないものの、飲み飽きることがなく、料理に合う酵母として知られています。とくに金沢グルメの魅力である海の幸との相性は抜群です。

金沢酵母は、従来、どちらかといえば、普段飲みの日本酒に適した酵母というイメージが一般的でした。しかし、金沢酵母を使った「神泉」が登場し、数々の品評会で入賞したことで、近年では吟醸酒以上の高級酒にも合う酵母としてイメージが一変しているのだとか。

「神泉」の品質を物語る多彩な受賞歴

「神泉」の品質を物語る多彩な受賞歴

出典:東酒造株式会社

「神泉」ブランドのすぐれた品質は、数々の受賞歴が物語っています。
たとえば「神泉 大吟醸」は、フルーティな飲み口が魅力の逸品で、政府専用機の機内酒にも選ばれた逸品。2018年度の金沢国税局酒類鑑評会において「優等賞」に輝いています。
さらに、

また、「神泉 純米大吟醸」は2017年に開催されたフランス日本酒コンテスト「KURA MASTER」で「GOLD MEDAL」を獲得。2014年には「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」でも「大会推薦酒」に選ばれました。海外で認められた実績は、「神泉」が世界を股にかけて活躍する足がかりとなってくれるでしょう。

同じく2017年の「全国燗酒コンテスト」では「吉祥 神泉」が「最高金賞」を獲得。燗にしてもおいしい日本酒として、高い評価を得ています。

「神泉 純米吟醸 旨口」はワイングラスで堪能したい

「神泉 純米吟醸 旨口」はワイングラスで堪能したい

出典:東酒造株式会社

「神泉」ブランドの特徴であるフルーティな味わいは、これまで日本酒に対して「男が飲む酒」とのイメージを抱きがちだった女性からも「ワインのような味わい」と人気を集めています。

なかでも「神泉 純米吟醸 旨口」は、ワイングラスでたのしむのがおすすめ。透明なグラスに入れるからこそ微妙な色の違いまで分かり、繊細な香りまで感じられます。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018」では、全国の263社から出品された901点の日本酒のうち、わずか13社しか選ばれない「最高金賞」に輝きました。

近年の日本食ブームの影響もあって、アメリカやヨーロッパでも日本酒の知名度は高まりつつあるなか、洋食にも合う「神泉」の飲み口は、欧米の人々にもよろこばれるはず。「神泉」ブランドが世界との架け橋になり、日本の豊かな食文化を伝えてくれるでしょう。

「神泉」ブランドは、世界の有識者からも熱い支持を受ける日本酒として、豊富な実績を重ねています。結婚記念日や誕生日など、大切な人のお祝いをする場面で、ごちそうと一緒にたのしんでみてはいかがでしょうか。

製造元:東酒造株式会社
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識