ハーフボトルでもっと手軽にウイスキーをたのしもう!

ハーフボトルでもっと手軽にウイスキーをたのしもう!
出典 : Leszek Czerwonka/ Shutterstock.com

ハーフボトルは、1人で飲みきれるお手軽サイズとして、ワインなどで人気を集めていますが、ウイスキーのハーフボトルもまた、さまざまな面から重宝されています。今回は小容量サイズのウイスキーにフォーカス。その魅力に迫ります。

  • 更新日:

ハーフボトルってどんなもの?

ハーフボトルってどんなもの?

Leszek Czerwonka/ Shutterstock.com

ハーフボトルとは、フルボトルのちょうど半分サイズのボトルのこと。ウイスキーのフルボトルは、標準サイズで700ミリリットルですから、ハーフボトルの容量は350ミリリットルです。

一般的に「量が多い方がコストパフォーマンスもよい」というイメージがありますが、ウイスキーに関しては、価格もフルボトルの半額に設定されているケースが多く、「サイズも価格もちょうどいい! 」と話題になっています。

ちなみに、ワインのハーフボトルはグラス約3杯分。1日で飲みきれるお手軽サイズとして注目されていますが、ウイスキーのハーフボトルには、どのような利点があるのでしょうか?

ハーフボトルが人気を集める理由を分析

ハーフボトルが人気を集める理由を分析

El Nariz/ Shutterstock.com

ハーフボトルの最大のメリットは、その大きさです。フルボトルほど収納スペースを取らないので、ワンルームマンションで暮らす人にとってはありがたいですね。

また、ウイスキーも一度開封してしまうと、少しずつ風味が落ちてしまうので、フルボトルを飲みきるのに時間がかかってしまうという人にもぴったりです。

ハーフボトルは価格面でもメリットがあります。定番のウイスキーなら1,000円から2,000円前後、ワンランク上の銘柄でも5,000円以下と、フルボトルに比べて価格もお手頃。これなら、お試し感覚で購入できますし、菓子折りなどと同価格帯ですので、ちょっとした贈り物にも最適。ホームパーティーのおみやげや、花見やハイキングなどアウトドアのお供などにも購入してもよいでしょう。また、フルボトル1本分の価格で2種類のウイスキーを購入すれば、飲み比べというたのしみ方も!

サイズ的にも量的にも、そして価格的にもちょうどいい。これこそが、ハーフボトルが人気を集める理由でしょう。

ハーフボトルだけじゃない! 小容量ボトルが人気

ハーフボトルだけじゃない! 小容量ボトルが人気

Oleg Golovnev/ Shutterstock.com

ハーフボトルのほかにも、銘柄によってはヒップフラスコサイズ(200ミリリットル)のポケットボトル、180ミリリットル入りのベビーボトル、さらには50ミリリットル入りのミニチュアボトルといった小容量ボトルが流通しており、人気を博しています。
たいていは1,000円未満で買えるため、ジャパニーズウイスキーのミニボトルは、日本を訪れる外国人がおみやげ用に購入するケースが多いようですが、お菓子づくりや飲みくらべにも重宝します。ポケットにも収まるサイズなので、旅先でもたのしめそうですね。

日常酒としてはもちろんのこと、試飲に、贈答用に、特別な日のためのストックに、旅のお供にと、さまざまなシーンで役立つウイスキーの小容量ボトル。飲みくらべ用のセット商品なども販売されているので、一度試してみては。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識