「ラガービール」と「エールビール」の違いとは?ビールを代表する2大スタイルを知ろう!

「ラガービール」と「エールビール」の違いとは?ビールを代表する2大スタイルを知ろう!
出典 : Natalya Okorokova/ Shutterstock.com

「ラガービール」や「エールビール」といった言葉を聞いたことはあるはずですが、その違いをご存知でしょうか? これらはビールの製造法による分類です。今回は、さまざまなビールの種類のなかから、ラガービールとエールビールの違いについて説明します。

  • 更新日:

ビールは発酵方法で3つのスタイルに分類される

ビールは発酵方法で3つのスタイルに分類される

pyzata /Shutterstock.com

ビールの種類を語る時には「スタイル」というのが一般的です。ビールのスタイルは大きく3つの発酵方法に分けられ、それぞれに違いがあります。「ラガー(下面発酵ビール)」「エール(上面発酵ビール)」「自然発酵ビール」の3スタイルです。
まずは、この3スタイルのビールについて、かんたんに説明しましょう。

ラガービール

「ラガービール」は、下面発酵という発酵方法で醸造されるビールです。下面発酵では、約10度前後の低温で発酵させ、その後に酵母が下に沈んでいきます。ビールの製造方法では多く用いられているタイプです。

エールビール

エールビールの発酵方法は、上面発酵と呼ばれるものです。15~25度くらいの高めの温度で発酵し、その過程で酵母が上面に移動してくることから、この名で呼ばれます。エールビールの風味は、豊かで芳醇です。

自然発酵ビール

ラガービールやエールビールは、造り手によって発酵させるものですが、これに対して、天然酵母を使用して自然な環境のままで発酵させるのが自然発酵ビールです。
気候の涼しい場所で、空気に存在する酵母を取り入れるため、自然発酵に適した酵母を空気中にもつ地域で製造されています。

では、ここからは、ラガービールとエールビールについて、それぞれの製造方法や特徴を詳しく見ていきましょう。

ラガービールは低温で長時間かけて下面発酵

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識