日本酒に氷? 冷た~くしておいしく飲もう

日本酒に氷? 冷た~くしておいしく飲もう

キリッと冷やした日本酒は爽やかな味わいが口の中に広がります。「日本酒は飲みにくい」と思っている人でも、冷たい日本酒は比較的飲みやすいのではないでしょうか? いろいろな温度でたのしめる日本酒の、冷たい飲み方をチェックしてみました。

  • 更新日:

スッキリ冷やして飲む日本酒

shalaku/ Shutterstock.com

日本酒の大きな魅力は、いろいろな温度でたのしめること。冷酒、冷や、お燗と同じ日本酒でも味わいが違ってきます。

ちなみに、よく間違いやすいのですが、「冷や」と「冷酒」です。冷やとは冷蔵しない常温のもの、冷酒は冷蔵(冷やした)したものを指します。冷やの温度は15~20度くらい、味のバランスがよく、その日本酒本来の味が一番わかる温度とされます。

冷酒は5~10度くらい、冷蔵庫や氷水で冷やします。冷やすことで爽やかな口当たりとクリアな後味で、日本酒初心者や日本酒を飲みにくいと思っている人も飲みやすく感じることでしょう。

冷たく冷やして飲むのに向いている日本酒といえば、繊細な味わいの大吟醸や吟醸酒、搾りたての生酒やあらばしり、発泡タイプなどです。フルーティーな味わいの吟醸酒は香りも一緒にたのしめるので、ぜひ試してみてください。

氷を入れて飲むのは邪道?

KPG_Payless/ Shutterstock.com

日本酒に氷を入れたら水っぽくなってしまうと思いますよね。でも、日本酒もオン・ザ・ロックでたのしむことができます。グラスに大きめの氷を入れ、日本酒を注いでじっくり冷やします。アルコールや日本酒特有の味わいが氷で薄まるので、度数の高いお酒や濃いめのお酒も飲みやすくなります。

もうひとつ、ほのかに甘みのある純米酒などを氷と炭酸で割ってみる“日本酒ハイボール”も日本酒に氷を入れる飲み方のひとつとして近頃注目を浴びています。日本酒の新たな味わいを見つけることができますね。

凍らせて飲む日本酒

Anna Altenburger/ Shutterstock.com

もっと冷たい日本酒を紹介しましょう。それは、氷酒(みぞれ酒)と呼ばれるシャリシャリのシャーベット状の冷たいお酒です。呼び名は、氷酒(みぞれ酒)のほかに、凍り酒、凍結酒、氷室酒など様々。凍らせることでひんやりした食感と爽快感を味わうことができます。もともと、凍った状態で販売しているものもありますが、家庭の冷蔵庫で作ることもできます。好みの銘柄をシャーベット状にしてみるのも、いつもと違った味わいがたのしめるのではないでしょうか。

シャリシャリの氷酒は、初心者にも飲みやすい日本酒。凍らせたことによって、口当たりがよくなり、いつもよりスルスルと飲めてしまいます。レモンを少し加えるとさらにカクテル感覚に! でも、凍らせたからといってアルコール分が少なくなるわけではありません。飲み過ぎないように気をつけて、その冷たい味わいをたのしんでください。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識