ビールで作るカクテルで苦みを抑え甘く楽しむ!

ビールで作るカクテルで苦みを抑え甘く楽しむ!

  • 更新日:

ビールのたのしさ広がる!

Denis Zonov/ Shutterstock.com

ビールの苦味が少し苦手な人にとって、ビールをおいしそうに飲む人を見ると「自分ももっとビールをたのしみたい」と思うのではないでしょうか。苦味の少ないビールを探して飲むこともできますが、もっとお手軽な「ビアカクテル(ビールカクテル)」はいかがでしょう?

家にあるいつものビールに、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系のジュースや甘いリキュールを加えるだけで、より飲みやすく、しかもちょっと華やかな雰囲気になります。どのカクテルも、簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。

ビール初心者にもおいしいカクテル

oizostudio/ Shutterstock.com

ビール初心者にも簡単に作れておいしいビアカクテルを紹介します。

◆レッドアイ/
ビアカクテルの定番です。ビールとトマトジュースで作ります。
ビール対トマトジュースは1対1に。そのままでもおいしいですが、アクセントに、塩、こしょう、レモンを加えてもOKです。

◆シャンディガフ/
ジンジャーエールがビールの苦味を和らげる爽やかな味わいのビアカクテルです。ビールとジンジャーエールは1対1に。ジンジャーエールを甘口にするとよりまろやかな味わいになります。

◆パナシェ/
フランスなどヨーロッパでポピュラーなスッキリしたカクテル。「パナシェ」は混ぜ合わせるという意味。レモネードやレモンスカッシュ、グレープフルーツジュースを加えます。ビール対レモネードは7対1にして。

◆カシスビア/
カシスリキュールでビールの苦味を抑えた甘味のあるビアカクテル。ビール対カシスリキュールは6対1。フルーティーな味わいがたのしめます。

上記のビアカクテルは、ピルスナータイプで作るのが飲みやすくおすすめです。

◆ブラックベルベット/
初心者が黒ビールを飲むには、少しハードルが高いかも。でも、このビアカクテルならさっぱりと飲むことができます。加えるのはスパークリングワイン! 黒ビールとスパークリングワインは1対1の割合で。黒ビールのコクとスパークリングワインの酸味と甘味が絶妙!このカクテルのおかげで、黒ビールが好きになるかも。

どのカクテルも、作り方のポイントは2つ。一つめは、泡立ちをよくするために基本的にビールは最後に注ぐこと。二つめは、グラスと材料であるビールやジュースをしっかり冷やしておくことです。上記の分量は目安なので自分の好みで調節してみてください。

バリエーション豊富なビアカクテルを前に、ビールが大好きになることうけあいです。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識