フレーバービールの甘い味わいで、いつものビールの概念を変えて楽しむ!

フレーバービールの甘い味わいで、いつものビールの概念を変えて楽しむ!

  • 更新日:

ビールの苦味の秘密

Eskymaks/ Shutterstock.com

ビールの主要な3つの原料のなかでも、苦味に大きな影響を及ぼすのが「ホップ」です。ホップの役割は、ビール特有の苦味と爽快な香りを与えることです。

ビールの苦味や香りを生み出す成分は「ルプリン」と呼ばれ、ホップの「包」と呼ばれる部分のつけ根にあります。ホップの成分には、ビールの泡持ちをよくする作用や殺菌作用もあり、ホップの種類や投入量、タイミングによってビールの味わいが大きく変わってきます。

ビールが苦手な人は、どうしても特有な苦味が気になるようですが、ビールの苦味はいつまでも口に残るような苦さではなく、すっと消える苦味のものもあります。最近では、酸味や甘味を強調したビールも多数あり、ほんのりとした苦味が清涼感のある口当たりを生みます。これなら、ビールが苦手な人でも、奥に潜むささやかな苦味をおいしいと感じるのではないでしょうか。

フルーティーでほんのり甘いビールを飲もう

Smile Studio/ Shutterstock.com

苦味は苦手だけれどもビールは飲んでみたい、という人におすすめなのがフレーバービールと呼ばれるビールです。フルーツやスパイスを加えたビールは、ビールの概念を変える味わいです。

ただし、このフレーバービールは正確には「ビール」とは呼びません。ビールと呼ばれるには「麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの」「麦芽、ホップ、水および麦やそのほかの穀物など政令で定めるものを原料として発酵させたもの」などいくつかの定義があります。このため、フルーツやスパイスなど認められていない原料を使っているフレーバービールは発泡酒などに分類されます。

ここでは、人気のフレーバービールを紹介します。

◆ブーン・フランボワーズ(フランボワーズ)/ベルギー
美しいピンク色で、キメ細かい泡立ち、ラズベリーの香りが特徴。果実の甘さとビールの酸味のバランスがよく、スルスルと飲めてしまいます。香り、味ともにフレーバービールの女王と呼ばれています。

◆リンデマンス・カシス(カシス)/ベルギー
ややオレンジがかった濃いルビー色で紫色の泡も美しく、カシスの香りが漂います。 甘さは控えめで酸味とのバランスのよいビール。

◆ニュートン(青りんご)/ベルギー
ベルギーの白ビールに青リンゴ果汁を加えたビール。白ビールの甘酸っぱさと青リンゴの香りと味わいが爽やかです。

◆レモンビール(レモン)/日本
すっきりとした味のビールにレモン果汁を加えました。フレッシュでフルーティーな味は、暑い日にゴクゴク飲みたい。

◆J-CRAFT 華ほの香 日向夏の風 HYUGA NOBEOKA/日本
宮崎県特産の「日向夏」のストレート果汁を加えてから、自家培養酵母で発酵、醸造。日向夏の甘みとほろ苦さ、ビールの旨味がぴったりあわさり後をひくおいしさです。香料不使用、無濾過。

ビール初心者も、ビール好きの人もぜひ一度試してみてください。

ビールカクテルで気軽にたのしむ

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

家にあるビールをより飲みやすくする方法もあります。それがビアカクテルです。グレープフルーツやレモンなど柑橘系のジュースと割った「パナシェ」は、フランスなどヨーロッパでポピュラーなカクテル。「カシスビア」は、カシスリキュールを加えビールの苦味を中和したフルーティーなカクテルです。また、トマトジュースを加えた「レッドアイ」も人気。

どのカクテルも、作り方のポイントは2つ。一つめは、泡立ちをよくするために基本的にビールは最後に注ぐこと。二つめは、グラスと材料であるビールやジュースをしっかり冷やしておくことです。分量は自分の好みで調節して、おいしいカクテルを作りましょう。もっと、ビールをたのしむ幅が広がるはずです。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識