月桂冠の人気シリーズ「果月」より、あらたに「果月メロン」が登場!メロンのような甘くジューシーな日本酒

月桂冠の人気シリーズ「果月」より、あらたに「果月メロン」が登場!メロンのような甘くジューシーな日本酒

月桂冠(京都市伏見区)から誕生した、果実のような香り豊かな日本酒「果月」(かげつ)シリーズ。その新商品として、「果月 メロン」が発売されます。これまでの「桃」「葡萄」に続き、熟したメロンのような甘くジューシーなテイストが注目を集めています。

  • 更新日:

日本酒だけど日本酒じゃない?果実の香りをたのしむお酒

月桂冠「果月 メロン」

月桂冠「果月」は、米の種類や特定名称(吟醸、純米、本醸造)による分類を超えて、「果実の香りの酒」として位置づけされた、従来の日本酒とは異なる新ジャンルのお酒です。これまで日本酒になじみがなかった方でもテイストがわかりやすく、香りもイメージしやすいアイテムばかり。和洋中さまざまな料理とも相性バツグンで、毎日の食卓や食後のリラックスタイムはもちろん、ホームパーティーにもピッタリのお酒です。

 

「果実 メロン」の特長

今回ラインナップに加わった「果月 メロン」は、熟したメロンのような甘くジューシーな香りが特長。濃厚な甘味の中に爽やかな酸味も感じられ、まるで本当にメロンを食べているかのような香味がたのしめます。ローストビーフなどの肉料理や、魚介系ではアヒージョと一緒に飲むのもおすすめ。マドレーヌなどの焼き菓子とも相性ピッタリです。

ラベルに淡く描かれているのは、メロンの和名である「「甜瓜(まくわうり)」。和の世界観はしっかりと残しつつ、そこにあるやわらかいメロンのイラストによって「果実の香りを特長とする新感覚の日本酒」であることが表現されています。

 

初感覚!日本酒×果実の新しい世界

一般的な大吟醸酒や吟醸酒は、吟醸香と呼ばれる特徴的な香りが魅力の一つ。日本を代表するお酒として、これまでは主に和食に合わせて食事中に飲まれることが多い傾向にありました。このような中、月桂冠では、日本酒の登場シーンや飲み方の広がりを目指して、新しい切り口となる「日本酒×果実」の可能性に着目。果月シリーズのより一層の商品開発に取り組み、桃や葡萄に続く新しい香味として、今回の「果月 メロン」の誕生となりました。月桂冠が独自に開発した新酵母の採用と醸造工程の新たな工夫によって、本物のメロンのようなジューシーな日本酒が実現。これまでなかった日本酒と果実のコラボレーション、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

 

商品概要

商品名:果月 メロン
容量・容器:720mlびん
参考小売価格:1,380円(税抜)
アルコール度数:14度以上15度未満
販売地域:全国

月桂冠 果月 公式ホームページはこちら

【関連記事】

まるで果実のような新感覚の日本酒「果月(かげつ)」が月桂冠より新発売

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識