台湾プレミアムシングルモルトウイスキー「カバラン トリプルシェリーカスク」新発売

台湾プレミアムシングルモルトウイスキー「カバラン トリプルシェリーカスク」新発売

リードオフジャパン(東京都港区)が輸入販売をおこなう台湾プレミアムシングルモルトウイスキー「カバラン」から、新商品「カバラン トリプルシェリーカスク」が世界同時発売。本国台湾を皮切りに、フランス、カナダ、シンガポール、中国、オーストラリア、ニュージーランド、グアム、そして日本で順次発売されました。

  • 更新日:

熟成原酒が織りなす新たな個性「カバラン トリプルシェリーカスク」

熟成原酒が織りなす新たな個性「カバラン トリプルシェリーカスク」

カバラン トリプルシェリーカスク

台湾プレミアムシングルモルトウイスキー「カバラン トリプルシェリーカスク」は、オロロソ、ペドロヒメネス(PX)、モスカテルの3つのシェリー樽で、それぞれ熟成されたウイスキーを組み合わせ完成した“贅沢を究めた”シングルモルトウイスキーです。ペドロヒメネスは“甘口シェリーの王”として知られ、またモスカテルは“甘口シェリーの女王”といわれているそう。

この貴重な組み合わせは、ベルベットのような質感と、カバラン特有の甘さを織りなしているといいます。

香りと味わい

熟成原酒が織りなす新たな個性「カバラン トリプルシェリーカスク」

「カバラン トリプルシェリーカスク」は、シナモン、スモークされた砂糖漬けのプラムや柑橘の特徴に、ベリー系やトロピカルフルーツ、そして竜眼の香り、ほんのり蜂蜜やチョコレート、タフィーが、まるでしなやかなフラメンコダンスのように、味蕾を陽気にくすぐるといいます。

3種のシェリー樽(オロロソ、ペドロヒメネス、モスカテル)で熟成された原酒の組み合わせですが、そのキャラクターの主体はオロロソ由来のドライフルーツなのだそう。芳醇なキャラメルと麦芽糖の甘さが、カバラン蒸留所特有のトロピカルフルーツの味わいと重なって、繊細ながらも比類なきシェリー風味のウイスキーに仕上がっているといいます。

パッケージデザイン

熟成原酒が織りなす新たな個性「カバラン トリプルシェリーカスク」

「このウイスキーの持ち味をこれまでにないほど視覚的に表現している」というパッケージデザインにも注目です。アクリル絵の具で描かれた、白と金、赤が絡み合うその模様は、トリプルシェリーカスクの幾重にも広がるスムースな味わいを象徴。同時にそれは、蒸留したてのニューメイク、ウイスキーそしてシェリーの組み合わせをも意味しているとのこと。

また、ボトルのキャップシールに引かれた銀色の線は、カバラン蒸留所を囲む中央山脈と雪山山脈を表しているといいます。

KAVALAN CEO YT Lee氏のコメント

KAVALANのCEO、YT Lee氏は発売にあたり、以下のコメントを寄せています。

「私たちにとって、3種の異なるシェリー樽で熟成させたウイスキーを組み合わせるのは全く初めての経験です。シェリーフレーバーの相乗によるリッチな味わいを引き立たせることで、ドライフルーツや芳醇なキャラメル、甘みのある麦芽糖、そしてトロピカルフルーツといった特徴を持つ、独特な個性のウイスキーに仕上がっています。」

出典:prtimes.jp

シニアブレンダー Zerose Yang氏のコメント

3種のシェリーカスクで十分熟成されたウイスキーはその後、後熟桶でそれぞれがバランスよく映えるよう、3段階に分けたクラフトマンシップが発揮されます。この過程により、異なるシェリーカスクで熟成されたウイスキー同士が混ざり合い、最上のスムーズさと完璧な融合をもたらすといいます。

このことについて、シニアブレンダーのZerose Yang氏は以下のように説明しています。

「このプロセスを経る中で、フレーバーは3つのシェリー樽ウイスキーの多様な組み合わせを介して、9つの異なるシェリーの次元を創出します。オロロソ樽のドライフルーツを主たる個性として、ペドロヒメネスとモスカテル樽由来の甘さを纏うようになります。」

出典:prtimes.jp

“贅沢を究めた”シングルモルトウイスキー「カバラン トリプルシェリーカスク」。気のおけない友人との語らいのひとときに、または贅沢なおうち時間に、是非たのしんでみてはいかがでしょうか。

商品概要

商品概要

商品名:カバラン トリプルシェリーカスク
原産国:台湾
内容量:700ml
アルコール度数:40%
希望小売価格: 11,550円(税込)
発売日:2021年11月下旬
色:深いスカーレット色
香り:熟れたベリーとドライフルーツが鼻孔を満たし、新鮮なフレープや柑橘の香りが、チョコレートブラウニーやタフィーの甘さが絡みます。シナモンやクローブのスパイシーなヒントも、心地よいオークの香りや芳しいローズマリーと混ざり合うようです。
味わい:オロロソシェリー樽由来のドライフルーツの余韻。まろやかな風合いで、暖かく滑らか。砂糖漬けのフルーツ、キャラメル、蜂蜜の甘さを想わせて、まるで活気あるフラメンコダンスのように味蕾をくすぐります。多層ながらも完璧なバランスで、いつまでも記憶に残る味わいです。

日本国内販売先:
カバラン 日本公式サイト
>>商品特設ページ

誠品生活日本橋
所在地:東京都中央区日本橋室町3丁目2−1 COREDO室町テラス 2F
営業時間:11:00~20:00
電話:03-6225-2871

KAVALAN(カバラン)ウイスキーについて

KAVALAN(カバラン)ウイスキーについて

カバラン蒸留所は、2005年以来、台湾北東部の宜蘭(ぎらん)の地より、その芸術ともいうべき台湾のシングルモルトウイスキー造りを牽引。雪山山脈の澄んだ甘くやわらかな水を用い、亜熱帯気候により、山と海の特別な香りや自然のエッセンスが熟成されたウイスキーをじっくりと育んでいます。

そして、蒸留所のある宜蘭の旧名を冠したカバラン蒸留所は、親会社「金車」の40年以上にもわたる飲料製造経験と実績の賜物であり、これまでに世界の名だたる酒類品評会において、600以上もの最高賞や金賞獲得の栄誉に輝いています。

>>ブランドサイト

出典:prtimes.jp

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識