【3級 vol.13】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

【3級 vol.13】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

2021年に約4,500人が受検した日本ビール検定(びあけん)。2022年は9月1日から10月31日まで開催されます。 たのしいお酒.jp編集部では、びあけんを受験する方の試験対策のために過去問題と予想問題を連載します。ビールが好きな方は、ぜひ問題に挑戦してみてください。協力:日本ビール検定

  • 更新日:

問1 ホップについて

ホップに関する説明として正しいものを、次の選択肢より選べ。(2017年)

(a)バラ科のつる性の植物である
(b)収穫期には1mほどの長さに成長する
(c)ビール醸造には雄株の葉を使用する
(d)ホップの「球花」は「毬花」などとも表記される

問2 ホップについて

ビール醸造に使われるホップの部位として適切なものを、次の選択肢より選べ。(2016年)

(a)雄株の茎と葉
(b)雌株の茎と葉
(c)雄株の球花
(d)雌株の球花

問3 ビールの注ぎ方

一般的な缶ビールをおいしく飲むための方法に「3度注ぎ」がある。この説明として誤っているものを次の選択肢より選べ。(2017年)

(a)グラスは傾けず、水平なところに置く
(b)最初は泡がグラスの半分程度になるまで勢いよく注ぐ
(c)2度目はグラスの9割程度になるまで勢いよく注ぐ
(d)3度目は少しグラスのふちに泡が盛り上がるように慎重に注ぐ

「この問題は、日本ビール検定の協力のもと、たのしいお酒.jp編集部が掲載しています」

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識