カカオリキュールのおいしい飲み方【リキュール編】

カカオリキュールのおいしい飲み方【リキュール編】
出典 : HandmadePictures/Shutterstock.com

カカオリキュールとは、カカオ豆を原料にしたチョコレートを思わせる甘くまろやかな風味のリキュールです。甘党の人やカクテル好きな人を中心に広く親しまれ、カクテルの材料からお菓子の風味づけまで幅広い用途に使えるカカオリキュールの奥深い魅力に迫ります。

  • 更新日:

カカオリキュールは風味豊かなお酒

Snowbelle/ Shutterstock.com

カカオリキュールの特徴や味わいなどを、詳しく確認しましょう。

カカオリキュールの特徴・味わい

カカオリキュールは、チョコレートやココアの原料としてもお馴染みのカカオ豆を使い、糖類や香料を加えて造られる種子系リキュールの一種。チョコレートを想わせる甘い香りと深いコク、濃厚な甘味が魅力で、カカオの風味が好きな人はもちろん、甘党の人やアルコールを飲み慣れていない人など幅広い層から人気を得ています。

原料となるカカオ豆の産地としてはアフリカや中南米がよく知られていますが、カカオリキュールの産地はヨーロッパが主体。フランスをはじめ、ヨーロッパ各地で多彩なカカオリキュールが造られているため、その起源は定かではありません。

オランダの大手リキュールメーカー、ボルス社のカカオリキュール「ボルス ユイル・ド・カカオ」をはじめ、いくつかの商品が1800年代に登場していることから、19世紀にはすでにヨーロッパで親しまれていたものと考えられます。

チョコレートリキュールとの違い

カカオリキュールとよく似たお酒に、チョコレートリキュールやコーヒーリキュールがあります。なかでもチョコレートリキュールは、同じカカオ豆を原料としているだけに、違いがわからないという人も少なくないようです。

じつはこのチョコレートリキュールは、カカオリキュールにクリームを加えてアルコール度数を調整した、カカオリキュールの一種。比較的新しいリキュールで、20世紀末に登場すると、ヨーロッパを中心に「チョコレート・フレーバード・リキュール」という新たなジャンルを確立し、注目を集めました。

クラシカルなカカオリキュールに対し、モダンなイメージのチョコレートリキュール。どちらもデザート感覚でたのしめるので、飲み比べてみてはいかがでしょう。

カカオリキュールの製法による分類

カカオが原料と聞くと、ブラウン系の色を思い浮かべがちですが、カカオリキュールには焦げ茶色のカカオリキュールと無色透明のものが存在します。

カラメルなどで茶色く着色したものは「カカオブラウン」や「カカオリキュールブラウン」、色の調整を行わない無色透明のものは「カカオホワイト」や「カカオリキュールホワイト」などと呼ばれています。

それぞれの製法や特徴を見ていきましょう。

【カカオブラウン】
原料のカカオを焙煎・粉砕してベースとなるスピリッツ(蒸溜酒)に漬け込み、色や香味を抽出したものと、スピリッツに漬けて蒸溜し、アルコール分とともに香気成分を溜出したものをブレンド。そこにバニラやクローブなどのスパイス、フルーツの果皮などで造った蒸溜エキス(香味液)を加え、砂糖や水と合わせて熟成後、カラメルなどで色づけして完成するのがカカオブラウンです。
手間暇かけて造られるカカオブラウンは、深みのある個性豊かな味わいに仕上がるのが特徴。ロックやストレートでもたのしめるほか、カクテルの材料やお菓子の風味づけにも重宝します。

【カカオホワイト】
カカオをベースとなるスピリッツに漬け込み、蒸溜してアルコール分を含んだ無色透明の原液を抽出。ここにバニラやクローブなどのスパイスと砂糖、水などを加え、着色を行わずに瓶詰・出荷されます。
カカオホワイトは、カカオフレーバーやエキスに加えた材料の香味がほのかに感じられるのが特徴。主張しすぎない味わいは、カクテルの材料に最適です。

カカオリキュールを使った食後のデザートカクテル

Nadir Keklik/ Shutterstock.com

カカオリキュールを使ったデザートカクテルの特徴と作り方をかんたんに紹介します。

キング・アルフォンソ

「キング・アルフォンソ」は、スペイン・ブルボン王朝最後の王として知られるアルフォンソ13世の名を冠したカクテルです。
材料の比重の違いを利用して層を作る「プースカフェスタイル」のカクテルで、材料はカカオリキュール(ブラウン)と生クリームの2つだけ。ブラウン色の濃厚なカカオリキュールの上に生クリームがのったシンプルな見た目ながら、濃厚な甘味とまろやかな口当たりや、口の中で重なり合うカカオと生クリームの至極のハーモニーが堪能できます。

【レシピ・作り方】
カカオリキュール(ブラウン)…約45ミリリットル
生クリーム…約15ミリリットル

グラスにカカオリキュールを注ぎ、上から生クリームを加えるだけと作り方もいたってシンプル。美しい層ができるよう、生クリームは、グラスにスプーンの背をつけ、そこを這わせるようにそっと流し入れましょう。

アレクサンダー(アレキサンダー)

20世紀初頭に60歳でイギリス国王となったエドワード7世が、愛する妻アレクサンドラに捧げたとされる、デザートカクテル。テーマ曲がアカデミー賞(R)歌曲賞を受賞した、ジャック・レモン主演映画『酒とバラの日々』(1962年・米)では、ストーリーの要となるシーンに登場して注目を浴びました。
ベースにブランデーを使うものやジンを用いるものなど、多彩なレシピが知られていますが、ブランデーベースで作ると奥行きのある味わいがたのしめます。

【レシピ・作り方】
ブランデー…1/2
カカオリキュール…1/4
生クリーム…1/4

ブランデーとカカオリキュール、生クリームを2:1:1の割合でシェイカーに入れてシェークし、カクテルグラスに注いだら完成。
日本のバーで注文すると、できあがったアレクサンダーにバーテンダーさんがナツメグをすりおろして入れてくれることがありますが、これは終戦後、質のよい生クリームが手に入らなかった時代の名残りで日本独自のレシピなのだそう。ナツメグを加えるかどうかはお好みでチョイスしてください。

カクテル「アレキサンダー」にナツメグは入れるべきか?

カフェ・カカオ

カカオリキュールのリッチな甘味は、コーヒーの香ばしい香りとも相性抜群。これらを合わせたアレンジコーヒーやカクテルは多数存在しますが、素材のハーモニーをシンプルに味わえるのが、カフェ・カカオというホットカクテルです。
作り方はかんたん。といっても、コーヒーの酸味と苦味のバランスや焙煎度合い、使用するカカオリキュールなどによって、いろいろな味をたのしむことができます。

【レシピ・作り方】
ホットコーヒー…約150ミリリットル
カカオリキュール…約15ミリリットル
ホイップクリーム…適量

カップや耐熱グラスに濃いめのホットコーヒーとカカオリキュールを注いで軽くかき混ぜます。最後に、適量のホイップクリームをトッピングして完成です。
コーヒーの割合が少ないとぬるめの仕上がりになりますが、材料の分量はお好みで調整してみてください。

カカオリキュールの2大定番を飲み比べ

Foxxy63/ Shutterstock.com

カカオリキュールの選び方と、飲み比べにおすすめの2銘柄を紹介しましょう。

カカオリキュールの選び方

カカオリキュールはカカオの風味と濃厚な甘さが特徴のお酒ですが、香味液に使うスパイスや果物の果皮などの材料や製法、糖分の量などの違いによって味わいは変わってきます。その種類はじつに多彩で、どの商品を選べばよいかと迷う人もいるのでは?
理想のカカオリキュールを選ぶためにも、「色」と「甘さ」の2つのポイントを押さえておくとよいでしょう。

【色】
前述したように、カカオリキュールは製法によってチョコレートのような色味の「カカオブラウン」と無色透明の「カカオホワイト」に分けられます。ストレートやロックなどの定番の飲み方や、コーヒーなどに加えて豊かな風味を味わうならカカオブラウンが、カクテルの材料としてほのかな香味をたのしむならカカオホワイトがおすすめです。

【甘さ】
EUでは、1リットルあたり100グラム以上の糖分を含むアルコール飲料をリキュールと定義していますが、同量あたり250グラム以上の糖分を含むもののみ、「クレーム・ド」の名を冠することが認められています(クレーム・ド・カシスのみ、同量あたり400グラム以上と定義)。
「クレーム・ド・カカオ」というと高価な印象があるかもしれませんが、糖分が多いカカオリキュールを指します。甘味が強いリキュールを好む人は「クレーム・ド・カカオ」を、糖分を控えている人やほどよい甘さを好む人は、商品名に「クレーム・ド」がつかないカカオリキュールを選ぶとよいでしょう。

飲み比べにおすすめの銘柄

最後に、カカオリキュールの2大定番として親しまれている商品をチェック。ぜひ飲み比べてみてください。

【ボルス クレーム・ド・カカオ ブラウン/ クレーム・ド・カカオ ホワイト】
前述のボルス社が「ボルス ユイル・ド・カカオ」に次いで生み出した、2タイプのカカオリキュール。
「ブラウン」は、カカオ豆を熱湯に循環させて香味を抽出し、コクのある豊かな風味を実現しています。ダークチョコレートを思わせるリッチなフレーバーに、バニラやオレンジのほのかな香味がほどよく溶け合った味わい深い1本です。

一方「ホワイト」は、蒸溜で造られた透明のリキュール。クリーミーなミルクチョコレートのような味わいが特徴です。

発売元:アサヒビール株式会社
公式サイトはこちら
クレーム・ド・カカオ ブラウン

クレーム・ド・カカオ ホワイト


【マリーブリザール カカオ・ブラウン】
フランスのリキュールメーカー、マリーブリザール社のカカオリキュール。アフリカ産のカカオ豆と、マダガスカル産のバニラを使った甘い香りが際立つ人気の商品です。

発売元:Marie Brizard
公式サイトはこちら(英語)



カカオリキュールは、カクテルのほかにも、製菓材料に利用したり、アイスクリームなどのデザートと合わせたりと、幅広く活用できるリキュール。一度手に入れて、お気に入りのたのしみ方を探してみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事