リキュールのおいしい飲み方【カカオリキュール編】

リキュールのおいしい飲み方【カカオリキュール編】
出典 : HandmadePictures/Shutterstock.com

カカオリキュールとは、カカオ豆を原料にしたリキュールのこと。チョコレートを思わせる甘くまろやかな風味で、甘党の人やカクテル好きな人を中心に広く親しまれています。カクテルの材料からお菓子の風味づけまで幅広い用途に使えるカカオリキュールの奥深い魅力に迫ります。

  • 更新日:

カカオリキュールは風味豊かなお酒

Snowbelle/ Shutterstock.com

カカオリキュールの特徴や味わいなどを、詳しく確認しましょう。

カカオリキュールの特徴・味わい

カカオリキュールは、チョコレートやココアの原料としてもお馴染みのカカオ豆を使い、糖類や香料を加えて造られる種子系リキュールの一種。チョコレートを想わせる甘い香りと深いコク、濃厚な甘味が魅力で、カカオの風味が好きな人はもちろん、甘党の人やアルコールを飲み慣れていない人など幅広い層から人気を得ています。

原料となるカカオ豆の産地としてはアフリカや中南米がよく知られていますが、カカオリキュールの産地はヨーロッパが主体。フランスをはじめ、ヨーロッパ各地で多彩なカカオリキュールが造られているため、その起源は定かではありません。

オランダの大手リキュールメーカー、ボルス社のカカオリキュール「ボルス ユイル・ド・カカオ」をはじめ、いくつかの商品が1800年代に登場していることから、19世紀にはすでにヨーロッパで親しまれていたものと考えられます。

チョコレートリキュールとの違い

カカオリキュールとよく似たお酒に、チョコレートリキュールやコーヒーリキュールがあります。なかでもチョコレートリキュールは、同じカカオ豆を原料としているだけに、違いがわからないという人も少なくないようです。

じつはこのチョコレートリキュールは、カカオリキュールにクリームを加えてアルコール度数を調整した、カカオリキュールの一種。比較的新しいリキュールで、20世紀末に登場すると、ヨーロッパを中心に「チョコレート・フレーバード・リキュール」という新たなジャンルを確立し、注目を集めました。

クラシカルなカカオリキュールに対し、モダンなイメージのチョコレートリキュール。どちらもデザート感覚でたのしめるので、飲み比べてみてはいかがでしょう。

カカオリキュールの製法による分類

カカオが原料と聞くと、ブラウン系の色を思い浮かべがちですが、カカオリキュールには焦げ茶色のカカオリキュールと無色透明のものが存在します。

カラメルなどで茶色く着色したものは「カカオブラウン」や「カカオリキュールブラウン」、色の調整を行わない無色透明のものは「カカオホワイト」や「カカオリキュールホワイト」などと呼ばれています。

それぞれの製法や特徴を見ていきましょう。

【カカオブラウン】
原料のカカオを焙煎・粉砕してベースとなるスピリッツ(蒸溜酒)に漬け込み、色や香味を抽出したものと、スピリッツに漬けて蒸溜し、アルコール分とともに香気成分を溜出したものをブレンド。そこにバニラやクローブなどのスパイス、フルーツの果皮などで造った蒸溜エキス(香味液)を加え、砂糖や水と合わせて熟成後、カラメルなどで色づけして完成するのがカカオブラウンです。
手間暇かけて造られるカカオブラウンは、深みのある個性豊かな味わいに仕上がるのが特徴。ロックやストレートでもたのしめるほか、カクテルの材料やお菓子の風味づけにも重宝します。

【カカオホワイト】
カカオをベースとなるスピリッツに漬け込み、蒸溜してアルコール分を含んだ無色透明の原液を抽出。ここにバニラやクローブなどのスパイスと砂糖、水などを加え、着色を行わずに瓶詰・出荷されます。
カカオホワイトは、カカオフレーバーやエキスに加えた材料の香味がほのかに感じられるのが特徴。主張しすぎない味わいは、カクテルの材料に最適です。

カカオリキュールを使った食後のデザートカクテル

おすすめ情報

関連情報

カクテルの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事