「貴醸酒(きじょうしゅ)」がどんなお酒か知っていますか?【日本酒用語集】

「貴醸酒(きじょうしゅ)」がどんなお酒か知っていますか?【日本酒用語集】
出典 : Nomad_Soul

「貴醸酒(きじょうしゅ)」は、濃厚な甘味と琥珀色の見た目を持つ独特のお酒。ブランデーベースの梅酒などと間違えられることもありますが、日本酒の一種です。ここでは、独特かつ贅沢な製法で造られる「貴醸酒」の製法や特徴、ペアリングまでわかりやすく解説します。

  • 更新日:

「貴醸酒」は贅沢な日本酒?

barmalini/ Shutterstock.com

「貴醸酒」とはどんなお酒なのか、その特徴を見ていきましょう。

「貴醸酒」とは何?

「貴醸酒」とは、水の代わりに日本酒(清酒)で仕込んだ日本酒のこと。一般的な日本酒は醪(もろみ)を仕込む際、培養された酒母に米と麹、仕込み水を加えていきますが、「貴醸酒」は、三段仕込みの最終段階だけ、仕込み水の代わりに日本酒を使用します。コストがかかっている分、贅沢なお酒といえるでしょう。

仕込みに日本酒を使用した「貴醸酒」は、独特なとろみと甘くて濃厚な味わいが特徴のお酒。熟成すると琥珀色に変化し、まろやかさに磨きがかかります。その上品な味わいや口当たりは、シェリー酒や貴腐ワインのように食前酒や食後酒として味わうのにぴったり。

長期熟成した商品が多い「貴醸酒」ですが、フレッシュな味わいがたのしめる新酒タイプも存在します。熟成期間が短いと、長期熟成のものほど色づかず、さっぱりとした味に仕上がる傾向があります。

「貴醸酒」はどうやって生まれたの?

「貴醸酒」その名前や特徴などから、古くから伝わる日本酒だと考える人もいるかもしれませんが、その歴史は意外にも浅く、1973年(昭和48)年に国税庁醸造試験所(現在の独立行政法人酒類総合研究所)で誕生しました。きっかけは、国賓をもてなす晩餐会のお酒が伝統的な日本酒ではなく、フランス産のワインやシャンパンだったことにあります。

「晩餐会で提供できるような日本酒」を造るため、伝統的な古い製法をもとに研究・開発されたのが「貴醸酒」でした。つまり「貴醸酒」は、貴賓をもてなすために生まれた高級で特別な日本酒だったのです。ちなみに「貴醸酒」の名前には、「貴腐ワインにも匹敵するお酒」という意味が込められています。
こうして「貴醸酒」の製法が編み出された後、広島県呉市の榎酒造が商品化に取り組み、「華鳩(はなはと)」を世に送り出しました。

「貴醸酒」という日本酒の種類が誕生したのは昭和の時代のことですが、じつはお酒でお酒を仕込むという「貴醸酒」の製法自体は、平安時代から用いられていたという記録が当時の古文書「延喜式」(西暦927年)に残されています。つまり、先人の知恵から生まれた伝統的な製法をブラッシュアップさせ、海外に誇れる日本酒として造り上げたのが「貴醸酒」なのです。

「貴醸酒」が希少なワケ

「貴醸酒」は、なかなかお目にかかることのない日本酒です。その理由は、2つ考えられます。

ひとつは、一般的な日本酒に比べて製造に手間やコストがかかるため、生産量そのものが少ないからです。もうひとつの理由としては、貴醸酒を手掛ける蔵元が限られていることが挙げられます。「貴醸酒」の製造特許はすでに失効していますが、「華鳩」の造り手である榎酒造が「貴醸酒」を商標登録していて、同社が所属する貴醸酒協会に加盟している蔵元しか「貴醸酒」という名称を使用することができません。協会未加盟の蔵元は、貴醸酒と同じ製法で造ったとしても、異なる名称で販売するしかないのです。

じつは、こうした未加入の蔵元が「貴醸酒」の製法で造った日本酒は、「再醸仕込み」や「醸醸」、「三累醸酒」などの名前をつけて販売されています。いずれも貴醸酒のように濃厚な味わいを持つ甘口の酒に仕上がっているので、機会があったら味わってみてください。

「貴醸酒」の甘味はどうやって造られる?

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事