【ビールde バトンリレー】  REVO BREWING Head Brewer水沼 泰樹さん

【ビールde バトンリレー】  REVO BREWING Head Brewer水沼 泰樹さん

2021年の3月に終了したビール専門の姉妹サイト「ビアパレット」の好評連載記事をたのしいお酒.jpで紹介します。今回は、横浜ベイブルーイング手嶋さんからご紹介いただいたREVO BREWINGの水沼さんを取材しました。取材日:2019年10月

  • 更新日:

ビールを愛する、REVO BREWING 水沼 泰樹さん

ビールを愛する、ビールを愛する、REVO  BREWING 水沼さん

ビールを愛する、ビールを愛する、REVO BREWING 水沼さん

お酒つくりの中で、ビールづくりが一番楽しいと思った

両親がお酒を大好きだった影響で、子供の頃から親が美味しそうにお酒を飲んでいる姿をずっと見ていて“お酒ってそんなに美味しいんだ!” と興味を持っていました。大学もお酒に関係する微生物学を学べる学部に入学しました。入学後は、酵母について研究し、単行複発酵を連続的にできないかという研究をしていました。

大学生時代は、地元が神奈川県の茅ケ崎市だったということもあり、湘南ビールをつくっている熊澤酒造でビール醸造のアルバイトをしていました。他にも日本酒の醸造もやっていたのですが、ビール造りが面白いなと思っていたこともあり、大学卒業後は、埼玉県のCOEDOブルワリーで約6年間ビール醸造に携わっていました。

熊澤酒造でアルバイトをしていなかったら、今日までビールつくりをしていなかったと思います。湘南ビールの醸造責任者である筒井さんに出会えたことは、ビール人生において最大の出来事でしたね。筒井さんからは、ビール醸造の基礎的なこともそうですが、ビール造りに関する姿勢を学んだなと思っています。今でも、仲良くしてくださり、様々なことを学んでいます。

日本のビールから海外のビールに興味を持ち始めました

ビールは、つくる方からハマっていきました。熊澤酒造で湘南ビールをつくっているのを見て、ビール醸造の面白さにハマり、その後色んなビールの味に出会い、“こんなビールがあるんだ”と飲む方にハマっていきました。ビールにハマってすぐは、日本のクラフトビールを飲んでいました。湘南ビールやコエドビールなどをよく飲んでいました。両親がエチゴビールのスタウトが好きで、家に常備してあったこともあり、エチゴビールのスタウトは当時毎日飲んでいたと思います。

その後、アメリカのビールも飲むようになりましたね。アメリカは、クラフトビールという名前を作ったということもあり、ビール文化が進んでいるので、日本と違った文化を学ぶために、モダンタイムスやカールストラウスのビールをよく飲んでいました。

ビールづくりで大事にしていることは味のバランス

Test Batch “Wheat Ale”

Test Batch “Wheat Ale”
出典:REVO BREWING

ビールのつくり手として、味のバランスを大事にしています。バランスというのは、ホップとモルトを同程度感じさせるというわけではなく、ホップを効かせたいならば、モルトの主張を強くしないようしています。オフフレーバーが出ないように、ホップやモルトが感じられるバランスの良いビールをつくるように心がけています。原料の嫌なところが出ないように、足し算と引き算をしながら、ビールをつくっています。

2019年9月20日がREVO BREWINGのオープンで、この場所でビールをつくり始めることができたのは、2019年9月1日からだったんです。ビール醸造は設備産業と言われるように、設備が変わると、今までと同じつくり方でも、ビールの味が変わってしまうということがあります。新しい設備を使っていかに自分のイメージしているビールに近づけるかは、今までの経験であったり、自分の持っている知識で埋めていくしかないと思っています。

この場所から横浜を盛り上げたい

REVO BREWINGは、客室が2311室ある日本最大級のタワーホテルの1階にあるお店です。REVO BREWINGの店内は220席で、店内から見るみなとみらいのロケーションは最高です。

ここにブルワリーレストランがあるということで、横浜のクラフトビールカルチャーを盛り上げていければいいなと強く思っています。ビールの街横浜で、ビールを盛り上げる一員として働くことができるのは、とても嬉しいことですね。

COEDOブルワリーで働いている時から、横浜ベイブルーイング手嶋さんとは知り合いで、同じ横浜のブルワーとして“横浜を盛り上げていきたいね”という話をします。横浜は、サンディエゴやポートランドに匹敵するようなクラフトビール都市にしていきたいです。そのためにも、そこにかなうようなビールをつくっていかなければならないなと思っています。

店内からはみなとみらいの夜景が一望できます

店内からはみなとみらいの夜景が一望できます
出典:REVO BREWING

自分が得ようと思っていないときに、得ることができることが楽しい

休みの日は、街ブラや、飲み歩きをしています。ビールを飲む際には、あまり深く考えずビールを楽しんでいます。

散歩している時に、面白そうなお店に入ってみたり、自分が得ようと思っていないときに、新しい発見や情報を得ることができることが楽しいです。今は忙しくてあまり行けないですが、以前はビール工場やワイナリーによく行っていました。お酒をつくっている場所に見学に行くだけで勉強になりますし、自分の知識の糧になるんですよね。

ラム酒の蒸留所に行くために沖縄へ

お酒の中でハマっているのは、ラム酒です。ラム酒の専門店や、沖縄県にしかないラムの蒸留所に行きました。伊江島という離島で、行くのは、遠くて大変ですが楽しかったです。ラム酒にハマったのが、香り高いラムバレルエイジのビールを飲んだ時だったんですよね。

自分でもつくってみたいと思い、ラムの蒸留所に行ってみたいと思い沖縄県まで行きました。

アメリカ西海岸のビールスタイルが好きです

REVO BREWING のコンセプトであるアメリカの西海岸スタイルのビールが好きです。その中でも好きなビールが、ナガノトレーディングさんが輸入している、アメリカ西海岸サンディエゴにあるカールストラウスの「オーロラホッピヤリス」のようなキレッキレのIPAが好きですね。

いろんなビールを知ってほしい

様々な人たちに驚いてほしいという想いから、「アパ社長ビール」をつくりました。日本でも多くのブルワリーがヘイジーIPAをつくっていますが、需要がすごく多いので、まだまだ供給できていないと思っています。だからこそ、アメリカが作り上げた美味しいヘイジーIPAを私もつくっていきたいと思っています。

アパ社長の写真付きグラスで飲むことができる I am “THE” President

アパ社長の写真付きグラスで飲むことができる I am “THE” President
出典:REVO BREWING

昼と夜で雰囲気の違うお店を楽しんでほしい

横浜みなとみらいという街は、昼と夜の雰囲気が違う街なので、REVO BREWING はその街の雰囲気も楽しんでもらえるブルワリーレストランになっていると思います。海外のお客様やビールをあまり知らない人もお店を訪れると思うので、色々な層のお客様をカバーできるようなビールを置いていきたいと思っています。現在は、アメリカ西海岸のビールが中心となっていますが、横浜のブルワリーのビールも用意していきたいなと思っています。

フードのメニューもアメリカの西海岸をイメージしたステーキやタパス、ピッツァなど約70種類をご用意しています!

REVOロックハンバーグのレアグリル キノコのトマトソース

REVOロックハンバーグのレアグリル キノコのトマトソース
出典:REVO BREWING

最高級ブラックアンガス牛「プライム」サーロインステーキ

最高級ブラックアンガス牛「プライム」サーロインステーキ
出典:REVO BREWING

アメリカ西海岸のブルワリーとコラボビール

西海岸のブルワリーとのコラボレーションを今後もしていきたいです。2019年9月20日のオープンの時には、アメリカ西海岸のCulminationとLevelBeerという2つのブルワリ―とそれぞれコラボしたビールを提供しています。

店内に撮影スポットが!

店内には、アメリカ西海岸のブルワリーの缶を約600本を集めてハートの形を作りました。ぜひインスタ映えする場所として、写真を撮って頂きたいなと思っています。

ビール缶600本は圧巻です

ビール缶600本は圧巻です

【水沼 泰樹さん プロフィール】

神奈川県茅ケ崎市出身。大学時代には微生物を学び、酵母について研究していた。在学中に熊澤酒造でアルバイトをし、卒業後は、COEDOブルワリ―に入社。約6年間働いた後、地元でクラフトビールを盛り上げたいという思いとお店のコンセプトが好きなアメリカ西海岸ということが合致し、REVO BREWINGで働くことを決め現在に至る。

<取材協力>REVO BREWING 

広々とした店内となっています

広々とした店内となっています
出典:REVO BREWING

みなとみらいのアパホテル&リゾート横浜ベイタワー1階に2019年9月20日(金)にオープン。総座席数220席を誇るアメリカ西海岸をイメージしたクラフトビール醸造所併設レストラン。最大20タップがつながっており、限定ビールやコラボレーションビールを楽しむことができます。

・TEL
045-264-6280

・所在地
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通5-25-3
アパホテル&リゾート横浜ベイタワー1F

・アクセス
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩3分
JR桜木町 徒歩8分
JR関内駅 徒歩7分
・営業時間
平日 11:30~23:00(L.O 22:00)
土日祝 11:30〜22:00(L.O 21:00)

・公式Facebook
https://www.facebook.com/RevoBrewingCo/


※本記事は「ビアパレット」で掲載していた記事を再編集しています。
記事内の情報や商品の価格は取材当時の情報ですので、ご了承ください。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識