【2級 vol.5】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

【2級 vol.5】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

2021年に約4,500人が受検した日本ビール検定(びあけん)。2022年は9月1日から10月31日まで開催されます。 たのしいお酒.jp編集部では、びあけんを受験する方の試験対策のために過去問題と予想問題を連載します。ビールが好きな方は、ぜひ問題に挑戦してみてください。協力:日本ビール検定

  • 更新日:

問1 CAMRAの説明

"CAMRA"に関する説明として誤っているものを次の選択肢より選べ。(2013年)

(a)" CAMRA "とは"Campaign for Real Ale"の略称である
(b)" CAMRA "はアメリカで結成された組織である
(c)" CAMRA "はカスク・ビアを守るために結成された
(d)" CAMRA "は1970年代に設立された

問2 ビールメーカーについて

2015年、アンハイザー・ブッシュ・インベブが710億ポンドで買収することを発表したビールメーカーを次の選択肢より選べ。(2016年)

(a)華潤雪花ビール
(b)SABミラー
(c)カールスバーグ
(d)ハイネケン

問3 生田秀の留学先

日本初のブラウマイスターとなる生田秀が留学したドイツの学校を次の選択肢より選べ。(2013年)

(a)デュッセルドルフ工科大学
(b)ハイデルベルク大学
(c)ベルリン農学校
(d)ヴァイエンシュテファン中央農学校

「この問題は、日本ビール検定の協力のもと、たのしいお酒.jp編集部が掲載しています」

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識