日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 【2級 vol.5】回答と解説編

日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 【2級 vol.5】回答と解説編

日本ビール検定(びあけん)の過去問題はいかがでしたか? 回答と解説で検定に備えるとともにビールの知識を深めてくださいね。

  • 更新日:

問1 CAMRAの説明

問題

"CAMRA"に関する説明として誤っているものを次の選択肢より選べ。(2013年)

(a)" CAMRA "とは"Campaign for Real Ale"の略称である
(b)" CAMRA "はアメリカで結成された組織である
(c)" CAMRA "はカスク・ビアを守るために結成された
(d)" CAMRA "は1970年代に設立された

正解

(b)" CAMRA "はアメリカで結成された組織である

解説

2014年は適切なものを選ぶ内容として、2016年はCAMRAという組織名を選ぶ問題として形を変えて出題されています。

“CAMRA”は、Campaign for Real Ale の略称。1973年、イギリスでカスク・ビア(木樽で後発酵させる伝統的なビール)を守る組織として結成されました。

問2 ビールメーカーについて

問題

2015年、アンハイザー・ブッシュ・インベブが710億ポンドで買収することを発表したビールメーカーを次の選択肢より選べ。(2016年)

(a)華潤雪花ビール
(b)SABミラー
(c)カールスバーグ
(d)ハイネケン

正解

(b)SABミラー

解説

2016年検定において『日本ビール検定 公式テキスト』外から出題された時事問題(正答率:64%)です。

時事問題を含め、テキストに記載していない内容も10問程度出題されています。ビールに関する話題はTVや新聞、WEB等でチェックしておくと良いでしょう。ちなみに2級は100問中70問正解(70点獲得)で合格です。

2016年10月、ビール世界シェア1位のABインベブ(ベルギー)は、同2位の英SABミラーの買収を完了したと発表しました。最終的な買収総額は790億ポンド(約10兆1千億円)。世界シェアで3割に迫る巨大ビールメーカーの誕生となりました。

問3 生田秀の留学先

問題

日本初のブラウマイスターとなる生田秀が留学したドイツの学校を次の選択肢より選べ。(2013年)

(a)デュッセルドルフ工科大学
(b)ハイデルベルク大学
(c)ベルリン農学校
(d)ヴァイエンシュテファン中央農学校

正解

(d)ヴァイエンシュテファン中央農学校

解説

大阪麦酒は生田秀を、現在のミュンヘン工科大学であるヴァイエンシュテファン(ワイエンシュテファン)中央農学校に留学させます。

生田は帰国後、「アンモニア冷凍機」「酵母純粋培養」「低温殺菌法」の全てを日本で初めて採用した工場を建設し、1892年(明治25年)に「アサヒビール」を発売しました。

おすすめ情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事