【3級 vol.7】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

【3級 vol.7】日本ビール検定(びあけん)の過去問に挑戦! 問題編

2021年に約4,500人が受検した日本ビール検定(びあけん)。2022年は9月1日から10月31日まで開催されます。 たのしいお酒.jp編集部では、びあけんを受験する方の試験対策のために過去問題と予想問題を連載します。ビールが好きな方は、ぜひ問題に挑戦してみてください。協力:日本ビール検定

  • 更新日:

問1 ビールの色

選択肢のうち、ビールの液色に最も影響を及ぼすものはどれか。正しいものを次の選択肢より選べ。(2017年)

(a)麦芽
(b)ホップ
(c)
(d)酵母

問2 IPAの誕生

イギリスで誕生したIPAはどこに輸送されるために開発されたものか、その行先を、次の選択肢より選べ。(2016年)

(a)イスタンブール
(b)イスラエル
(c)インド
(d)西インド諸島

問3 ビールの法令

1516年に、バイエルン公国は「ビールは大麦、ホップ、水のみを原料とすべし」という内容の法令を発布した。この法令は一般的に何と呼ばれているか、次の選択肢より選べ。
(2012年、2013年、2014年、2017年)

(a)酒税法
(b)荘園令
(c)ビール純粋令
(d)グルート法

「この問題は、日本ビール検定の協力のもと、たのしいお酒.jp編集部が掲載しています」

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識