新世界ワインはコスパ良好!生産国ごとの魅力を解説

新世界ワインはコスパ良好!生産国ごとの魅力を解説
出典 : pamelastasczak / Shutterstock.com

ワインの生産国は、古くからワイン造りが盛んな「旧世界(オールドワールド)」とワイン造りの歴史が比較的新しい「新世界(ニューワールド)」に分類されます。今回は、新世界と旧世界のワインの違いや新世界ワインならではの魅力、産地ごとの特徴について紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 新世界(ニューワールド)と旧世界(オールドワールド)とは
  • 新世界のワインの魅力
  • 新世界ワインの生産国ごとの特徴と魅力

新世界(ニューワールド)と旧世界(オールドワールド)とは

新世界(ニューワールド)と旧世界(オールドワールド)とは

Shebeko / Shutterstock.com

旧世界と新世界の意味

ワイン造りは世界中で行われていますが、ワインの生産国は大きく分けて「旧世界(オールドワールド)」と「新世界(ニューワールド)」の2つに分類されます。

旧世界とは、長いワイン造りの歴史を持つ伝統的なワイン生産国のことです。フランスやイタリア、スペイン、ドイツ、ポルトガルなどのEU諸国がこれにあたります。

一方、旧世界に比べワイン造りの歴史が浅い生産国を新世界と呼びます。新世界には、アメリカやチリ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカ、日本などが含まれます。

旧世界と新世界のワインの特徴

旧世界ワイン・新世界ワインといっても、地域や生産者によってさまざまなワイン造りが行われていて、ワインの種類は多種多様です。必ずしも一括りに特徴を述べることはできませんが、大まかにいうと、両者には以下のような傾向があります。

【旧世界ワインの特徴】

旧世界のワインは、EUのワイン法で厳しく格付けされています。旧世界では、土地の気候や土壌などのテロワールに合わせた伝統的な製法によるワイン造りが継承されていて、産地による個性が豊かで繊細かつ複雑な味わいを持つワインが多い傾向にあります。

【新世界ワインの特徴】

新世界では伝統に縛られることが少なく、旧世界に比べて自由なワイン造りが行われています。原料のブドウ品種や製法の自由度が高いため、バリエーション豊かなワインが生み出されているのが魅力のひとつ。また新世界のなかでも温暖な気候の南半球の国々には、北半球の旧世界ワインと比べてアルコール度数が高く、果実の凝縮度が高いワインが多いのも特徴です。

ワインは国ごとに異なる特徴が! ワインと原産国の関係とは?



おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事