まるでデザート!? バナナリキュールで魅惑のカクテルをたのしもう

まるでデザート!? バナナリキュールで魅惑のカクテルをたのしもう
出典 : 5PH/ Shutterstock.com

バナナリキュールは、甘いバナナのフレーバーで人気のリキュールです。さらっとしているものやクリーム系のものなどいろいろなタイプがあり、たのしみ方もそれぞれ。今回はバナナ好きにはたまらない、魅力たっぷりのバナナリキュールについて紹介しましょう。

  • 更新日:

目次

  • バナナリキュールとはどんなリキュール?
  • 代表的なバナナリキュールの銘柄
  • バナナリキュールを使ったカクテルの作り方

バナナリキュールとはどんなリキュール?

バナナリキュールとはどんなリキュール?

Victoria Kondysenko/ Shutterstock.com

バナナリキュールの基礎知識

バナナリキュールは、バナナを原料に造られた濃厚な甘味が特徴のお酒。バナナ特有のトロピカルな味わいをたのしめるのが魅力です。

バナナから造ったお酒というと、バナナジュースのようにドロッとした液体をイメージしがちですが、バナナリキュールはさらさらした液体タイプが主流。なかにはとろりとなめらかなクリーム系もあります。

おもにカクテルの材料として用いられていますが、お菓子の風味づけにも使われるほか、ヨーグルトやアイスにかけてたのしまれることもあります。

なお、バナナリキュールのアルコール度数は10~25%と幅広いため、選ぶときはしっかり確認しましょう。

バナナリキュールには2つのタイプがある

バナナリキュールは大きく2つのタイプに分けられます。

◇イエロータイプ
黄色いバナナをイメージした「イエロー」タイプ。完熟バナナのような濃厚な甘味と芳醇な香り、黄みがかった液体の色味が特徴です。口に含むととろみを感じる、クリーム状のバナナリキュールもあります。しっかりとした甘味と香りがあるので、カクテルのほかスイーツ作りにもよく用いられます。

◇グリーンタイプ
熟す前の若い緑色のバナナをイメージした「グリーン」タイプ。名前のとおり鮮やかな緑色をしています。香りが控えめなものが多く、イエローに比べると甘さはやや控えめ。さらっとした液体状で、スパイスや柑橘系が加えられているものもあります。炭酸割りなどシンプルなカクテルにぴったり。

この2つのリキュールを使い分けることで、さまざまなカクテルがたのしまれています。

代表的なバナナリキュールの銘柄

代表的なバナナリキュールの銘柄

Alcofan/ Shutterstock.com

ルジェ バナナ

フランス・ブルゴーニュのプレミアムフルーツリキュールブランド、「ルジェ」のラインナップのひとつが「ルジェ バナナ」。カシスリキュール「ルジェ カシス」を知っている人も多いのではないでしょうか。

イエロータイプの「ルジェ バナナ」は、焼きバナナのような芳醇な香りとクリーミーな味わいが特徴です。まろやかでバランスがよく、親しみやすいのも魅力。ミルクやコーヒーで割るカクテルがオススメですが、お菓子作りにも重宝されています。

販売元:サントリーホールディングス株式会社
公式サイトはこちら


おすすめ情報

関連情報

カクテルの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事