「ケルシュ」というビールを知っていますか? ユニークな飲み方やおすすめの銘柄も紹介

「ケルシュ」というビールを知っていますか? ユニークな飲み方やおすすめの銘柄も紹介
出典 : engel.ac / Shutterstock.com

「ケルシュ」は、ビールの本場ドイツで誕生したビアスタイル(ビールの種類)。いったいどんなビールなのでしょう? 今回は「ケルシュ」の魅力に迫ります。

  • 更新日:

目次

  • 「ケルシュ」ってどんなビール?
  • 「ケルシュ」の魅力とは?
  • 「ケルシュ」スタイルのおすすめの銘柄

「ケルシュ」ってどんなビール?

「ケルシュ」ってどんなビール?

r.classen / Shutterstock.com

「ケルシュ」はケルンのみで造られるエールビール

「ケルシュ(kolsch)」はドイツ・ケルン地方の方言で「ケルンの」という意味。その名のとおり、ドイツ中西部に位置する都市ケルンで誕生しました。「ケルシュ」は、EUのA.O.C(原産地統制名称)に認定されているビールで、なおかつ1986年に「ケルシュ協定(ケルシュ協約)」に調印した24の醸造所だけに製造が認められている、貴重なエールビールとして知られています。

なお、ケルン以外でも「ケルシュ」に似たビールが造られていますが、それらは「ケルシュ」ではなく「ケルシュスタイル」と呼ばれています。

「ケルシュ協定」とは?

「ケルシュ協定」は、「ケルシュ」の伝統と品質を守ることを目的に締結されました。16の掟(条項)で構成されていて、原産地や醸造法はもちろん、注ぐグラスの形状にも規定があります。

明記されている条項の一部を紹介すると、「ケルシュ」と名乗ることができるのは、ケルン市から50キロメートル圏内で醸造されたもののみです。また、ライン川流域にあるケルンは水に恵まれた地域で知られますが、ケルンの水で造られたビールでなければ「ケルシュ」を名乗ることができません。このような規定を明確化することで、「ケルシュ」のブランドと品質が守られているのです。

「ケルシュ」は、上面発酵酵母を使い、下面発酵のように熟成させるビール

「ケルシュ」はエールビールの一種なので、通常のエールビールと同様に上面発酵酵母で麦汁を発酵させますが、熟成方法は異なります。

一般的なエールビールを造るときは、常温に近い温度下(15~25度程度)で、短期間で熟成させるのが一般的。対して「ケルシュ」は、ラガービールのように比較的低温下(5~10度程度)で長期間熟成させます。また二次発酵の際に、下面発酵酵母を追加投入することもあります。

このような製法で造られた「ケルシュ」は、エールビールらしい豊かな香りを持ちながら、ラガービールのようにすっきりとした飲み心地のビールになるのが特徴です。

「ケルシュ」は、エールとラガーのよいところを兼ね備えたビールといえるかもしれませんね。

「ケルシュ」の魅力とは?

「ケルシュ」の魅力とは?

Bjoern Wylezich / Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事