白鶴酒造の渾身の純米大吟醸が「2020年度 全米日本酒歓評会」で金賞を受賞!

白鶴酒造の渾身の純米大吟醸が「2020年度 全米日本酒歓評会」で金賞を受賞!

白鶴酒造(兵庫県神戸市)の「超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦」が、日本国外でもっとも歴史の長い日本酒の品評会「全米日本酒歓評会」の大吟醸酒部門A部門で金賞を受賞しました。

  • 更新日:

日本国外で最も歴史の長い日本酒の品評会で金賞を受賞!

「白鶴、まる!」のテレビCMでお馴染みの白鶴酒造が生み出した渾身の純米大吟醸「超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦」が、2020年度の「全米日本酒歓評会」の大吟醸酒部門で、金賞を受賞しました。

今回の受賞を受けて、「超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦」と審査を行った全米日本酒歓評会について解説していきたいと思います。

酒づくりを原点から見つめ直し、できるすべてを注ぎ込んだ白鶴の象徴

連綿と受け継ぐ技と志から醸した、香り豊かで繊細かつ深い味わいの白鶴を象徴する純米大吟醸「超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦」。
山田錦の兄弟酒米である「白鶴錦」を高度に削り、長期間低温でじっくりと発酵させ低温下で袋吊りを行うことで、林檎や洋梨のようなフルーティーな香りとともに、「白鶴錦」からもたらされる繊細で丸味のある味わいを余すことなく引き出すことに成功しています。

その酒づくりには愛情と人の手が惜しみなく注がれており、主な工程ごとにそれを紹介すると、まず洗米はすべて手洗いで細心の注意をはらいながら行われ、次に六甲山の伏流水に秒単位で浸漬させて、酒の味を大きく左右する吸水率を理想的な状態へと導いています。そして、昔ながらの手作業による蓋麹法(ふたこうじほう)で丁寧に製麹が進められ仕込みへと進みます。最後に袋吊りされ、圧力をかけずに自然に滴り落ちる雫酒のみを集めた渾身の純米大吟醸が「超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦」となっています。


数量限定のシリアルナンバー入りという特別感のある一本。この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

全米日本酒歓評会とは?

全米日本酒歓評会

全米日本酒歓評会は2001年より毎年開催されている日本国外で最も歴史の長い日本酒の品評会です。日本の伝統的な審査方法を用いておよそ500品の出品酒を審査しています。優秀な評価を得た出品酒に金賞と銀賞が授与され、その中でも特に高得点を獲得した出品酒にグランプリ、準グランプリが贈られます。

すべての出品酒は、世界各都市で開催される一般公開の利き酒会「ジョイ・オブ・サケ」において試飲用に展示され、のべ2,700名以上の日本酒ファンにテイスティングされる機会が設けられています。

全米日本酒歓評会

全米日本酒歓評会ホームページ
http://www.sakeappraisal.org/

商品概要

超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦

商品名:超特撰 白鶴 天空 袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦
アルコール分:16度
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:38%
使用米:兵庫県産白鶴錦100%
内容量:720ml
参考小売価格:10,000円(税別)
特徴:林檎や洋梨のようなフルーティーな香りと、繊細で丸味のある味わい。

ブランドサイト
http://www.hakutsuru.co.jp/tenku/

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識