アイラモルトの王「ラフロイグ」から、数量限定の「クオーターカスク」が今年も登場!

アイラモルトの王「ラフロイグ」から、数量限定の「クオーターカスク」が今年も登場!

サントリースピリッツから、スコットランドのシングルモルトウイスキー「ラフロイグ」の数量限定商品「クオーターカスク」が6月2日より全国で発売されます。

  • 更新日:

個性的な味わいの「アイラモルトの王者」ラフロイグ

個性的な味わいの「アイラモルトの王者」ラフロイグ

Kevin Standage/ Shutterstock.com

「ラフロイグ」は、スモーキーな味わいのウイスキーが多いことで知られるアイラ島のシングルモルトウイスキーの中でも「アイラモルトの王者」と呼ばれているウイスキー。シダやコケなどが長い年月をかけて堆積してできた「ピート(泥炭)」を使用し、まるで薬品を思わせるような独特な味わいが何よりの特徴です。

その個性で世界中に熱烈なファンが多く、加入することで蒸溜所の土地の一区画を所有できる、愛好家による組織「フレンズ・オブ・ラフロイグ(FOL)クラブ」も存在するほど。またチャールズ皇太子も愛飲され、シングルモルトウイスキーとしては初めて「ロイヤルワラント(英国王室御用達)」の称号を受けていることでも有名です。

「ラフロイグ」についてのより詳しい情報は、こちらの記事も参照。
「ラフロイグ」はアイラモルトを代表する逸品

今回はそんなラフロイグから、昨年も好評だった「ラフロイグ クオーターカスク」が数量限定発売。より力強い「ラフロイグ」の魅力を味わえる一品です。

「ラフロイグ クオーターカスク」

「ラフロイグ クオーターカスク」

barmalini/ Shutterstock.com
※写真はイメージです。

バーボン樽で熟成した原酒を、クオーターカスク※に入れ替えてさらに熟成。ラフロイグならではの爽快なスモーキーさとほのかな甘い余韻に加え、クオーターカスクを用いることで生まれる樽由来の香りと力強い味わいが特長です。

※ファーストフィルバーボン樽(バーボンを熟成させ、払い出した直後の樽)を小容量につくり替えた樽のこと。バット樽・パンチョン樽(容量約500L)に対し、4分の1のサイズ(容量約125L)になる。

商品概要

「ラフロイグ クオーターカスク」

<容量>
700ml

<アルコール度数>
48%

<希望小売価格>
4,000円(税別)
※商品価格は記事執筆時点のものとなります。ご購入の際には価格が異なる場合がありますのでご注意ください。

<発売日>
2020年6月2日

<発売地域>
全国(数量限定)

<問い合わせ先>
サントリーお客様センター
0120-139-310(フリーダイヤル)

<サントリー公式URL>
https://www.suntory.co.jp/

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識