焼肉とビールの相性がバツグンな理由

焼肉とビールの相性がバツグンな理由
出典 : Thayut Sutheeravut / Shutterstock.com

焼肉のお供と言えばビール。焼肉店に入るとビールは必ずと言ってよいほどメニューに並んでいますが、なぜここまで相性がよいのでしょう? 今回は、焼肉とビールが合う理由や、焼肉にオススメのビールのスタイルなどを紹介します。

  • 更新日:

ビールは焼肉に合うお酒として人気

ビールは焼肉に合うお酒として人気

travelershigh/ Shutterstock.com

ビールは焼肉に欠かせない飲み物

「焼肉とビール」は、圧倒的な人気を誇る組み合わせ。焼肉店に入っても、肉や野菜を注文する前に「とりあえずビール」とオーダーする人も多いのではないでしょうか?
また、外食で焼肉をたのしむ場合だけでなく、自宅での焼肉や、屋外でバーベキューをするときもビールは欠かせないという人も多いでしょう。

ビールは焼肉に合う飲み物として圧倒的人気

焼肉のタレなど、さまざまな調味料の製造を手掛けているモランボンが2019年7月に実施した調査によると、「焼肉に合う飲み物」として圧倒的な支持を集めたのが「ビール・発泡酒」でした。
第2位にランクインした「ウーロン茶」との差は3倍近くもあり、焼肉とビールはそれだけ多くの人が認める不動のコンビであることがわかります。

焼肉とビールがおいしいと感じる理由

焼肉とビールがおいしいと感じる理由

Travel man/ Shutterstock.com

ビールによって口のなかがリセットされる

焼肉とビールは、なぜここまで多くの人が認めるほど相性がよいのか、その理由を分析してみましょう。
油脂分の多い焼肉は、食べ続けていると飽きてしまったり、脂が重く感じたりすることも多いはず。そんなときにビールを飲むことによって、さわやかな苦味とのどごしが口のなかをリセットしてくれます。さらに、ビールに含まれる炭酸の効果で、口のなかがさわやかに。
ちなみに、同じく炭酸が入っているお酒としてサワー類もありますが、甘味のあるサワー類よりも、適度な苦味と強い炭酸のビールのほうが焼肉との相性がよいと言えそうです。

ビールによって食欲が増進される

ビールに含まれている炭酸には、口のなかをさっぱりとさせてくれるだけでなく、食欲を増進させる効果もあるのだとか。
ビール酒造組合のサイトによると、ビールが胃に入ると炭酸ガスが胃壁を刺激し、胃液が多く分泌されます。この作用によって食欲が増進されるという論文が発表されているほか、ビールを飲みながら食事をすると摂取カロリーが増加したという報告もあります。
食事のバランスには注意が必要ですが、がっつりと焼肉をたのしむには、ビールが最高のパートナーだと言えるでしょう。

ビール酒造協会:飲酒(ビール)の効用

焼肉に合うビールのスタイルは?

焼肉に合うビールのスタイルは?

Valentyn Volkov / Shutterstock.com

すっきりとした味わいの「ピルスナー」

焼肉に合うビールとしては、まずは日本でも人気の高い「ピルスナー」が挙げられます。
大手ビールメーカーが製造している缶ビールや瓶ビール、生ビールの多くは、すっきりとした味わいとのどごしが魅力の「ピルスナー」と呼ばれるスタイル。焼肉店で日常的にたのしんでいる定番の組み合わせと言えるでしょう。

香ばしい香りの「シュバルツ」

ドイツ発祥の黒ビール「シュバルツ」は、ローストされた麦芽の香ばしい香りが魅力です。黒ビールはクセが強いイメージを持つ人もいるでしょうが、「シュバルツ」は「ピルスナー」と同様、爽快な飲みやすさを特徴とする「ラガー(下面発酵)ビール」の1種。すっきりとした味わいで焼肉との相性も抜群です。

ビールが苦手な人でも飲みやすい「ゴールデンエール」

「ゴールデンエール」は「エール(上面発酵)ビール」のひとつで、柑橘系の香りが感じられるさっぱりとした味わいが魅力。のどごしをたのしむラガービールとは異なり、焼肉とビールをじっくりたのしみたい人にオススメです。

焼肉とビールの相性のよさには、さまざまな理由があることがわかります。日本で定番のピルスナー以外にも、さまざまなスタイルのビールと焼肉を組み合わせてみることで、新たな発見が生まれるかもしれません。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識