ピーチ風味のビールが人気急上昇中!

ピーチ風味のビールが人気急上昇中!
出典 : photosimysia/Shutterstock.com

ピーチ(桃)の風味がするビールと聞いて、どんな味を想像しますか? じつは近年、「ビールが苦手」という人を中心に、ピーチ風味のビールがにわかに注目を集めています。今回は、そんなピーチビールについて、さまざまな角度から紹介します。

  • 更新日:

ピーチ風味のビールと言えば「ベルギービール」

ピーチ風味のビールと言えば「ベルギービール」

cristapper/Shutterstock.com

本場ベルギーのフルーツビール

フルーツビールとは、醸造の途中で果物やその果汁を投入して造られるビールのこと。フルーツビールの本場として知られるベルギーでは、古くからさまざまなフルーツビールが造られています。
伝統的なフルーツビールはチェリーやラズベリーなど、ヨーロッパで採れる果物を使ったものが中心でしたが、近年ではバナナやパイナップルなどの南国の果物を使ったフルーツビールも人気。桃を使ったピーチビールも数多く造られるようになっています。

ピーチ風味のベルギービールは多種多彩

ベルギーには、さまざまなフルーツビールの銘柄があり、ピーチ風味のビールの種類も豊富です。なかでもおすすめなのが「セントルイスピーチ」。「ランビック」と呼ばれるベルギー伝統の自然発酵ビールに、ピーチ果汁を入れて飲みやすくしたフルーツビールです。
その他にも、ホワイトビールをベースにした「ミスティックピーチ」や、まるでピーチジュースのような飲み心地の「シャポーピーチ」など、多くの銘柄があり、飲み比べてみるのもたのしそうです。

ピーチジュースやリキュールを使ったビールカクテルとは

ピーチジュースやリキュールを使ったビールカクテルとは

JoEimaGe/Shutterstock.com

ピーチ風味のビアカクテル

ピーチ風味のビールには、さきほど紹介したフルーツビール以外に、ビールベースのカクテルもあります。
代表的なのが、ビールとピーチジュース、もしくはピーチリキュールを混ぜ合わせたシンプルなビールカクテル「ピーチ・ビア」。その甘くてフルーティーな味わいが、ビールが苦手な人にも飲みやすいと評判です。
ちなみに、「ピーチ・ビア」に使用するビールの種類は、淡色系の比較的ドライなビールが人気のようです。

「ピーチ・ビア」の作り方

「ピーチ・ビア」の作り方はいたって簡単。まずは使用するビールとピーチジュースまたはピーチリキュール、グラスをあらかじめ冷蔵庫でよく冷やしておきます。
次に、ビールをグラスに注ぎ、そのあとピーチジュースをゆっくりと注いで、軽く混ぜ合わせれば完成です。
使用するジュース・リキュールにもよりますが、ビールとピーチジュースの割合は2対1が基本。あとは好みに合わせて調整してみてください。

ピーチ風味のビールの国内人気銘柄を紹介

ピーチ風味のビールの国内人気銘柄を紹介

photosimysia/Shutterstock.com

日本でもピーチ風味のビールが人気急上昇

ピーチ風味のフルーツビールやビールカクテルは、もともと海外で多く飲まれていましたが、最近は日本でもどんどん人気が高まっています。そのなかから代表的な銘柄を紹介します。

【箕面ビールの「国産桃ヴァイツェン」】

国内有数の人気を誇る大阪のクラフトビールのブルワリー「箕面(みのお)ビール」では、毎年恒例の夏のシーズナブルビールとして、国産の桃を使用した「国産桃ヴァイツェン」を数量限定で販売しています。ヴァイツェン特有のフルーティーな香りと、桃のほんのり香る甘さがマッチ。ドライでキレのあるさわやかなビールにしあがっています。

製造元:箕面ビール
公式サイトはこちら

大阪のビール【箕面ビール】 丹精込めた大阪発のクラフトビールを世界へ

【サッポロビールの「サッポロ ピーチベルグ」】

サッポロビールが開発・販売している数量限定のビール(第3のビール)。麦やホップと一緒に果汁を発酵させる、フルーツビールの本場ベルギーの伝統的な製法に基づいて造られていて、桃のまろやかな甘みが溶け込んだ新たなテイストのビールとして、2017年の販売開始以来、高い人気を誇っています。

製造元:サッポロビール
公式サイトはこちら
製品詳細はこちら

ピーチ風味のビールの魅力は、なんといってもその香りと飲みやすさ。ほんのりとさわやかな甘さが広がる味わいは、ビールが苦手な人でも気軽に飲むことができます。ぜひ、みなさんも試してみてください。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識