伝統と新技術が融合した濃厚な甘さ。新時代の限定焼酎「MUGEN 白波」

伝統と新技術が融合した濃厚な甘さ。新時代の限定焼酎「MUGEN 白波」

鹿児島県を代表する焼酎メーカー・薩摩酒造株式会社が数量限定品「MUGEN 白波」を発売。

  • 更新日:

目次

  • 半世紀を超えて愛される「さつま白波」
  • 新たな時代のさつま白波「MUGEN 白波」
  • おいしい飲み方は「ぬるめのお湯割り、ロクヨンで」

半世紀を超えて愛される「さつま白波」

2019年には発売64周年を迎えるなど、数々のテレビCMとともに、地元の鹿児島県のみならず日本を代表する芋焼酎として愛されてきた薩摩酒造の「さつま白波」。そのさつま白波ブランドが、黒瀬杜氏の伝統の技に、新しく磨き上げてきた技術を融合させた新商品「MUGEN 白波」を発表しました。

新たな時代のさつま白波「MUGEN 白波」

新たな時代のさつま白波「MUGEN 白波」

「MUGEN 白波」は、「現代の名工」として厚生労働省に表彰された初代杜氏・黒瀬安光氏の伝統の技に、新たに磨き上げたサツマイモ栽培・蒸留などの技術を融合させた一品。「MUGEN」という名前には、新しい激動の時代にあっても新しい技術に積極的に取り組み、本格焼酎の持つ「無限」の可能性を追求するという薩摩酒造の矜持が込められています。

原料本来の甘みが引き出された「土室糖化芋」

原料本来の甘みが引き出された「土室糖化芋」

原料には2014年に特許を取得した「土室糖化芋(つちむろとうかいも)」を使用。2006年から続く研究により、南薩摩の特産品であるサツマイモ・黄金千貫(コガネセンガン)が持つ本来の甘さを最大限に引き出すことに成功しており、原料由来の甘く優しい酒質を味わうことができます。

新技術「MUGEN蒸留」

新技術「MUGEN蒸留」

蒸留には、MUGEN 白波のために開発されたオリジナル技術「MUGEN蒸留」を採用しています。今までの蒸留では実現できなかった豊富な旨み成分の凝縮に成功。他の銘柄では味わうことのできない「コク」や「ボディ感」を実現しています。

酒質

酒質

このような新技術が最大限に使用された結果、香りは「蒸し芋」由来の特徴が強い中に「甘焦げ」「香ばしい」といった要素が感じられるものに。味には旨味成分由来の「とろみ」や 「ボディ感」を感じられる中、土室糖化芋の「甘味」が最も特徴的です。

おいしい飲み方は「ぬるめのお湯割り、ロクヨンで」

おいしい飲み方は「ぬるめのお湯割り」

この「MUGEN 白波」を楽しむためには、その特徴的な甘みを最大限に生かしたいところ。薩摩酒造おすすめの飲み方は「ぬるめのお湯割り」。70度前後の熱さのお湯を入れたグラスに焼酎を注ぎ、人肌よりも少し高めの42度前後とするのが理想的です。

また、おすすめの比率は焼酎6:お湯4の「ロクヨン」。こうするとアルコール度数25度の芋焼酎は15度。ワインなどと同程度の、食中酒にぴったりな度数となります。

参考:薩摩酒造お湯割り研究所
http://www.satsuma.co.jp/oyuwari/sahou_00.html

伝統の技と新たな技術が融合した、まさに令和時代の幕開けにふさわしい一品といえる「MUGEN 白波」。ぜひ、「ロクヨン」比率でその甘味を堪能してみてください。

商品概要

<商品名>
MUGEN 白波

<原材料>
さつまいも(鹿児島県産)、米麹(国内産米)

<度数>
25度

<容量>
1,800ml、900 ml

<価格>
1,800ml:2,300円(税別)
900ml:1,200円(税別)

<メーカー出荷>
2019年7月8日(月)

※劣化防止のため、UVカットの透明袋入り。保管の際も透明袋に入れ、開栓後はできるだけ早目に飲むことを推奨。
限定品のため、数に限りあり。

<商品詳細ページ>
http://www.satsuma.co.jp/con-shouhin-imo-mugenshiranami.html

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識