リキュールのおいしい飲み方【ベネディクティン編】

リキュールのおいしい飲み方【ベネディクティン編】
出典 : Tessa Bishop/Shutterstock.com

ベネディクティンは、多種多彩なハーブを調合したフランスを代表する薬草系リキュールとして、世界中で親しまれています。今回は、16世紀に起源をもち、リキュールとしては世界最古といわれることもあるベネディクティンについて紹介します。

  • 更新日:

ベネディクティンは、16世紀の修道院生まれのリキュール

ベネディクティンは、16世紀の修道院生まれのリキュール

zebra0209/Shutterstock.com

ベネディクティンの起源は、今からさかのぼること約500年前の1510年、フランスの北西部に位置するノルマンディー地方の漁港フェカンにあったベネディクト修道院にあるとされています。
当時、この修道院にいたドン・ベルナルド・バンセリ僧正は、多種多様な薬草を調合して、さまざまなリキュールを考案したとされる人物です。当時のフランス国王がこの地を訪れた際にリキュールを献上され、「こんなおいしいものは飲んだことがない」と感嘆したとのエピソードも残っています。

その後、フランス革命によって修道院が閉鎖されたのちも、バンセリ僧正が考案した製法はひそかに受け継がれ、1863年にそのレシピを発見したアレクサンドル・ル・グランによって、正式に「ベネディクティン」の名で発売されました。

すぐに人気を集めたベネディクティンは、発売開始の10年後には年間15万ボトルを売り上げるほどとなり、1876年にはベネディクティン社が設立されました。以来、現在にいたるまで、シャルトルーズ(シャルトリューズ)と並んでリキュールの双璧をなす存在として、世界中で親しまれています。

ベネディクティンは長寿のお酒?

ベネディクティンは長寿のお酒?

Lu Mikhaylova/Shutterstock.com

ベネディクティンの原型となるリキュールが考案された16世紀のベネディクト修道院では、錬金術が盛んで、長寿や健康のためにさまざまな研究が行われていました。この修道院でバンセリ僧正が考案したリキュールも、もとはといえば、長寿のための秘薬だったようです。

こうした歴史もあってか、ベネディクティン社では数多くの薬草の調合レシピが代々、受け継がれてきました。その詳細は企業秘密として公開されていませんが、現在、世界中から厳選された27種類にもおよぶハーブが使用されているのだとか。

現在、販売されているベネディクティンは、ブランデーを原酒に、これら多彩なハーブを調合して造られたもの。さらにカラメル、サフラン、蜂蜜、シロップ、コニャックなどを加えて加熱し、オーク樽で熟成させたのちに、ろ過されてできあがります。その味は甘味が強く、複雑な香りをもつ黄緑色のお酒となります。

ちなみに、ベネディクティンのボトルのラベルには通常「DOM」と表記されていますが、これは「至善至高の神に捧ぐ」という意味のラテン語「Deo Optimo Maximo」の頭文字をとったもの。修道院生まれてのお酒ならではの荘厳なネーミングです。

ベネディクティンを使った代表的なカクテル

ベネディクティンを使った代表的なカクテル

Andreas Argirakis/Shutterstock.com

ベネディクティンは、ブランデーを原酒とするだけに、ブランデーやウイスキーなどと相性がよく、さまざまなカクテルに使用されています。また、食前酒や食後酒として、オンザロックでたのしむ人も多いようです。ここでは、そんなベネディクティンを使った代表的なカクテルを紹介します。

【ベネディクト】

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識