リキュールのおいしい飲み方【キュンメル編】

リキュールのおいしい飲み方【キュンメル編】
出典 : undefined/Shutterstock.com

キュンメルは、カレーなどに使う香辛料の「キャラウェイ」を主原料とするハーブリキュールで、現在はオランダ、ドイツ、ベルギーなどヨーロッパ各地で造られています。今回は、日本ではあまり知られていないキュンメルの魅力を紹介します。

  • 更新日:

キュンメルは長い歴史を持つ無色透明のハーブリキュール

キュンメルは長い歴史を持つ無色透明のハーブリキュール

Sergei25/Shutterstock.com

キュンメルとは、もともとは「キャラウェイ(姫茴香:ひめういきょう)」を意味するドイツ語。キャラウェイは香辛料として用いられるセリ科の果実で、カレーのスパイスとして使われるほか、ドイツ料理の定番「ザワークラウト」に欠かせない香辛料としても有名です。

キュンメルは、このキャラウェイを主原料に、同じセリ科の香辛料であるアニスやクミンを加え、レモンピールで香りづけした無色透明のハーブリキュールです。

その歴史は古く、日本がまだ戦国時代にあった1575年に、オランダのホルス社が造ったのが始まりとされています。その後、帝政ロシア時代のビョートル大帝がオランダを訪問した際に、このお酒をたいそう気に入り、製法を持ち帰ってバルト海沿岸のリガにあったアラッシュ荘園で造らせたものが、現在に続くキュンメルの源流とされています。

キュンメルには大きく分けて3種類のタイプが

キュンメルには大きく分けて3種類のタイプが

Joerg Beuge/Shutterstock.com

キュンメルには、大きく分けて「ベルリン・キュンメル」「アラッシュ・キュンメル」「アイス・キュンメル」の3種類があります。それぞれの特徴を紹介しましょう。

ベルリン・キュンメルは、その名のとおり、ドイツのベルリンで造られたことから命名されたもので、アルコール度数は40度、エキス分が10~20パーセントのリキュールです。

アラッシュ・キュンメルは、かつてバルト海沿岸の地リガで造られたアラッシ荘園にちなんで命名されたもので、別名「キャンメル・ダラッシュ」とも呼ばれています。アルコール度数は45度、エキス分は30パーセントです。

アイス・キュンメルは、「クリスタル・キュンメル」とも呼ばれ、瓶に砂糖の結晶が付着しているのが特徴です。アルコール度数は50~60度と高めで、エキス分は40パーセント程度です。

ちなみに、キュンメルはお酒としてはもちろん、消化不良の特効薬としても珍重されてきたそうで、今でも消化薬として使う地域もあるようです。

キュンメルを使った代表的なカクテル

キュンメルを使った代表的なカクテル

Yuliia Kononenko/Shutterstock.com

キュンメルは、日本ではあまり馴染みのないリキュールですが、さまざまなカクテルに使われます。ここではその代表的なものを紹介します。

【シルバー・ブリッド】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識