掃除にも使える! 賞味期限の切れた ビールの意外な活用法

掃除にも使える! 賞味期限の切れた ビールの意外な活用法
出典 : Yuganov Konstantin/ Shutterstock.com

「掃除にビール」と聞いて、ビール好きの人は驚かれるかもしれません。とはいえ、いただき物のビールをしまっておいて、気づけば賞味期限が過ぎていた、といった場合に備えて、知っておいて損はありません。ビールの意外な活用法を紹介しましょう。

  • 更新日:

掃除にも活躍するビール! 油汚れがキレイに落ちる

掃除にも活躍するビール! 油汚れがキレイに落ちる

Fotos593/ Shutterstock.com

掃除の際に困りがちなのがキッチン。なかでもコンロ周りは油汚れでべたつきがちです。そんなときに活躍するのが賞味期限の切れたビールです。
ビールに含まれるアルコールとビタミンEには、油汚れを分解するはたらきがあるため、コンロ周りの掃除にうってつけです。

ビールを掃除に利用すると、コンロ周りのべたつく油汚れが面白いくらいに落ちます。こびりついた頑固な油汚れを落とす場合は、ビールをしみこませたキッチンペーパーを汚れの上に被せ、パックしてみましょう。ラップなどでふたをして10分ほど置いた後に取り外せば、汚れが浮き出てふき取りやすくなります。

掃除中はビールの匂いが充満するため、換気は忘れずに。また、ビールでふき上げた後は、忘れずに水ぶきしましょう。

掃除だけでなくシャンプーにも使えるビール

掃除だけでなくシャンプーにも使えるビール

VGstockstudio/ Shutterstock.com

掃除以外にも、賞味期限の切れたビールの活用法はいろいろとあります。たとえば、欧米ではよく知られているそうですが、ビールは美髪の効果も期待できるのだとか。ハリウッドセレブの間でもビールシャンプーが流行を見せているそうです。

ビールが美髪に効くとされる理由は、ビールに含まれるホップやビール酵母にあるようです。これらの成分には、髪の毛の細胞を補修し、ツヤを与える作用があると考えられています。加えて、髪の毛を健康に保ち、ボリュームアップを促してくれるという説もあり、薄毛に悩んでいる人の注目を集めています。

近年では、資生堂とキリンビールの共同研究によって、ホップの白髪対策効果が確認されたとの発表がありました。今後の研究によって、ホップやビール酵母の育毛効果が科学的に解明されることが期待されます。

ビールをシャンプーに使う方法は、以下のとおりです。

1.フライパンにビールを入れ、3分の1の分量になるまで煮詰める。
2.ビールが冷めたら、普段使っているシャンプーに混ぜる
3.普段通りに洗髪する

ビールシャンプーには保存料が入っていません。したがって作り置きはせず、使う分だけ作るようにしましょう。また、発泡酒や第三のビールは使わず、ポップが豊富に使われたビールを使用することをおすすめします。

掃除など家事だけでなく、植物の肥料としても活躍

掃除など家事だけでなく、植物の肥料としても活躍

Romolo Tavani/ Shutterstock.com

掃除やシャンプーだけでなく、家庭での園芸にも賞味期限切れのビールが役立ちます。ビール酵母には高い栄養価がありますが、その周囲を覆う「ビール酵母細胞壁」には、植物の根の成長を促し、免疫力を高める効果があるといわれており、農業用の肥料としても活用できるのだとか。

賞味期限の切れたビールを水で薄めて、観葉植物や家庭菜園の植物に注いであげましょう。観葉植物の葉はビールを含ませた布で磨けば、ピカピカになります。さらに、ビールに含まれる酸の成分によって害虫駆除の効果も期待できます。

ビール酵母細胞壁を植物の肥料に使用することで、農薬の使用回数が減れば、温室効果ガスの排出量が減少すると考えられています。エコの観点からもおすすめな賞味期限切れビールの活用法といえるでしょう。

賞味期限切れのビールに隠された意外な活用法について紹介しました。しかしながらビールは生産者が気持ちを込めて造ったものなので、まずは無駄なく飲み切ることを心がけましょうね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識