手軽に作ろう! 魚缶を使ったおつまみ「キャベツとオイルサーディンのクミンソテー」

手軽に作ろう! 魚缶を使ったおつまみ「キャベツとオイルサーディンのクミンソテー」

自宅に常備しておきたい缶詰「オイルサーディン」。そのまま食べてもおいしいですが、今回はキャベツと一緒に炒めるだけでおいしくなるアレンジおつまみを紹介します。炒める野菜や調味料を代えて、さまざまなお酒に合わせてみましょう!

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、ワイン、日本酒

魚をさばく手間が省けて、いつでもかんたんに食べられる魚缶は、おつまみにおすすめのアイテム。魚缶はそのままでもおいしいですが、加熱すると臭みが飛んで、香ばしさが引き出され、シンプルな調理でも途端においしく変化しますよ。

【材料/2〜3人分】
オイルサーディン…1缶(120g)
キャベツ…1/4個(150g)
醤油…小さじ2
クミンシード…小さじ1/2  ※手持ちのお好きなスパイスでもOKです。

【作り方】
1.キャベツはひと口大に、ざく切りにする。
2.フライパンを中火にかけ、缶詰の油を小さじ2、クミンを入れて混ぜ、香りが立ったら、キャベツを加えて炒める。
3.キャベツの色が鮮やかになったらオイルサーディンを加えて、炒めながら軽くほぐす。
4.醤油を加え、さっと全体を混ぜて出来上がり。

【コツ・ポイント】
●レモンを搾れば、ワインに合います。かつお節をふりかけたら、日本酒にも。黒胡椒をたっぷりふれば、ビールによく合うおつまみになります。
●キャベツのほか、アスパラガスやスナップエンドウ、マッシュルームなどで炒めてもおいしくできますよ。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識