日本酒が二日酔いしやすいって本当?

日本酒が二日酔いしやすいって本当?
出典 : sunabesyou/Shutterstock.com

お酒の種類に関らず、同量のアルコールは同じ時間で分解されるので、飲み過ぎれば二日酔い、悪酔いするのはどのお酒も同じはず。では、なぜ日本酒が悪者にされてしまうのことが多いのでしょう? その理由を探ってみます。

  • 更新日:

二日酔いになる原因

miwa-in-oz/ Shutterstock.com

まずは、二日酔いのシステムについて解説しましょう。

二日酔いになる原因のひとつは、アルコールによる脱水症状です。たくさんのアルコールを分解するためには、たくさんの水分が消費されます。加えて、アルコールには利尿作用もあるため、体内の水分が足りなくなります。人は脱水症状を起こすと、吐き気や頭痛を始めとするさまざまな症状が出てくるのです。

ふたつめはアセトアルデヒドによる作用です。肝臓でアルコールが分解されるとアセトアルデヒドという中間物質ができます。このアセトアルデヒドは強い毒素を持っていて、血管を膨張させて吐き気や頭痛を引き起こす場合があります。過剰なアルコールを摂取すると肝臓に負担がかかって働きが弱くなり、アセトアルデヒドが体内に長居して困った症状が長引きます。

その他、明らかな飲み過ぎによる低血糖症、アルコールによる過剰な胃酸分泌なども、二日酔いの原因になります。

冷酒より熱燗の方が残らない?

jazz3311/ Shutterstock.com

このような辛い二日酔いを避けるためには、「冷酒より熱燗の方がよい」といわれます。温かい燗酒は早く体内に吸収されるので、すぐに酔いが回ります。それに比べて冷酒は口当たりが格別によく、燗酒に比べて体内で吸収される速度も遅いため、ついついハイペースで飲んでしまいます。

とくに「生原酒」のような酒の場合、一般的な日本酒(13~15%)よりもアルコールの濃度が高く(17~20%)、口当たりもよいため、酔いが回った時にはすでに飲み過ぎていることも。こういった理由で日本酒、とくに冷酒は「翌日に残りやすい」という印象になっているようです。冷酒でも、燗酒でも、自分のペースと酒量を守って飲むように心がけましょう。

二日酔いから回復する方法

sebra/ Shutterstock.com

二日酔いになってしまったら、まずは水分を多くとりましょう。少しでも早くアルコールを分解し、尿の量を増やすことでアセトアルデヒドの排出を促します。飲み物は常温がよいでしょう。フルーツやトマトもおすすめです。ビタミンCやクエン酸は肝臓の働きを助け、トマトに含まれているリコピンは、アセトアルデヒドの作用を抑えてくれるそうです。

また、ウコンに含まれているクルクミンはポリフェノールの一種で、アセトアルデヒドの分解を促してくれます。しじみの味噌汁もよいでしょう。しじみに含まれているオルニチンは、アンモニアの解毒や肝機能を保護してくれるアミノ酸です。食欲が出てきたら、消化のよい食事をとり、アルコールで失われた栄養分を補給しましょう。

二日酔いにならないように、お酒は適量でたのしみましょうね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識