本で、講座で、日本酒のお勉強!

本で、講座で、日本酒のお勉強!

複雑な味わいの日本酒をもっと学びたいという人のために、いろいろな資格が存在しています。自分の日本酒の知識がどのレベルなのか確認するのにもいいかもしれません。資格ではなく、日本酒の基礎から学びたい人は資料本もたくさんあります。

  • 更新日:

ネットでできる日本酒のお勉強

DIProduction/ Shutterstock.com

日本酒の魅力をもっと気軽に理解できるようつくられたのが、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催する「日本酒検定」です。日本酒の歴史や文化、製法、原料から、日本酒をたのしむマナー、酒器や料理との相性、雑学まで幅広い知識を網羅しており、3級から1級までチャレンジすることができます。

もっと手軽にチャレンジできるのがネット検定です。こちらは、なんと無料。20歳以上であれば誰でもいつでも受験をすることができます。検定は、初級、中級のほか、歴史検定や日本酒の新しい選び方などがあるので、興味があるものだけを受験することもできます。検定は20問ありますが、合格すると名前入りの合格証をダウンロードすることができます。
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

本気でプロを目指してみる?

abc1234/ Shutterstock.com

もう少しレベルが高いところを目指すなら、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)のワインのソムリエにあたる「唎酒師(ききさけし)」でしょう。

「唎酒師」は、飲む人の好みに合わせてぴったりの日本酒と、そのたのしみ方を提供することを目的とした、日本酒のプロフェッショナルに与えられる資格。学ぶ内容は、日本酒の原料から製造方法、歴史、テイスティング法から、セールスプロモーションまで多岐にわたり、知識だけでなく、味や香りを把握するテイスティング力も必要です。このため飲食業や飲料小売店など一般の人にお酒を提供するサービスに従事する人などが多く受験しているのが特徴です。取得には通信コース、通学コースなどがあり、20歳以上であれば誰でも受験することができます。

ほかにはソムリエとして有名な田崎真也氏が会長を務める「一般社団法人日本ソムリエ協会(以下J.S.A.)」が、2017年に1回目の認定試験を行った「J.S.A. SAKE DIPLOMA」。J.S.A.は、ワインに携わる人の資質と向上、ワインを中心とする飲料の普及などを行ってきました。その中で、和食と日本酒の環境の変化を踏まえて、日本酒の知識向上と日本の食文化の普及を目指し、日本酒に特化した認定制度「J.S.A. SAKE DIPLOMA」を立ち上げました。試験は一次試験が筆記試験、二次試験はテイスティングと論述です。受験資格は、20歳以上であれば誰でも受験可能です。
一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)

日本酒の基礎を本で学ぼう

jazz3311/ Shutterstock.com

とくに資格がほしいわけではなく日本酒をおいしく飲むための知識を増やしたい、という人は、本を読むのもよいでしょう。代表的なものを紹介します。

◆日本ソムリエ協会教本/日本ソムリエ協会
上記で紹介した「J.S.A. SAKE DIPLOMA」の公式テキストです。日本酒の歴史や製造方法からほかのお酒にまつわることまで多岐にわたり学べます。
https://www.sommelier.jp/products/s_text.html

◆日本酒完全バイブル/監修・武者英三
日本酒をたのしみたい人に向けた入門書。日本酒の製造方法、原料などの基礎知識、日本酒の選び方や飲み方まで総合的に学ぶことができます。
https://www.natsume.co.jp/books/1941

◆日本酒の基礎知識/監修・木村克己
日本酒の定義、製造方法、原料などの基礎知識をいちから解説。また、厳選した日本の蔵元を40カ所、今飲んでおきたい日本酒を100銘柄以上紹介しています。
http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-09305-8/

知れば知るほど奥が深い日本酒の世界。基礎知識を学び、知識に裏付けされた日本酒の味を堪能しましょう。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識