ウイスキーエキスパートってどんな資格?

ウイスキーエキスパートってどんな資格?
出典 : Igor Normann/Shutterstock.com

ウイスキーには「ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー認定資格試験」という2つの資格があります。もっとウイスキーについて深く知りたい!と思ったら、ウイスキーの資格を取得してみるのもおすすめ。さっそく、その概要をチェックしていきましょう。

  • 更新日:

ウイスキーエキスパートとは

Boldyshev/ Shutterstock.com

ウイスキーエキスパートとは、ウイスキー文化研究所が2004年にスタートした「ウイスキーコニサー認定資格試験」の第一段階の試験に合格すると取得できる称号です。「ウイスキーコニサー認定資格試験」は、第一段階ウイスキーエキスパートから始まり、第二段階ウイスキープロフェッショナル、そして第三段階マスター・オブ・ウイスキーと、3つの段階を踏んで習得することができます。

この資格は、職業を問わずウイスキーに関心のある人、ウイスキーに関わりのある20歳以上の方なら、だれでも気軽に受験することができるので、興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。

資格取得は難しい? 難易度と合格率

Alexey Lysenko/ Shutterstock.com

2017年度のウイスキーエキスパートの合格率は53.3%、これまでの平均合格率は48.7%。およそ2人に1人が合格しており、難易度はそこまで高くないといわれています。

試験は毎年10月に大阪と東京で実施されていて、90分の試験時間にウイスキーの基礎知識を問う筆記テストが行われています。受験にはウイスキー文化研究所の会員資格が必要になりますので、詳しくはウイスキー文化研究所のサイトをのぞいてみてくださいね。
ウイスキー文化研究所

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識