発泡酒とビールの違いって? ビールの定義とは何?

発泡酒とビールの違いって? ビールの定義とは何?

仕事後の1杯のビールは、その日の疲れをとる特効薬?! でも、最近は健康を気にして、糖質ゼロやカロリーゼロといった健康志向の発泡酒や第三のビール、新ジャンルを飲む人も多いようです。味はビールと遜色ないようなのに、何が違うのでしょうか?

  • 更新日:

2018年3月までのビールの定義

DenisMArt/ Shutterstock.com

ビールには「ビール」と呼ぶための定義があるのを知っていますか? 現在、ビールのほかに、それに類似するアルコール飲料は「発泡酒」と「第三のビール」や「新ジャンル」などと呼ばれていますが、そもそも、どんな違いがあるのでしょうか?

3つの違いは、おもに麦芽の使用量です。麦芽の使用量が3分の2以上(67%以上)ならば「ビール」。

酒税法で認められていない原料を使用する場合は「発泡酒」扱い。麦芽以外の原料の使用量が3分の1以上なら「発泡酒」。

「第三のビール」や「新ジャンル」は、麦芽比率50%未満の発泡酒にスピリッツなどを加えたもの、または、糖類、ホップ、水及び麦芽以外のもの(穀物など政令で定めるもの)を原料として発酵させたものなどをいいます。

また、それぞれ酒税が異なることも特徴のひとつです。ビールは、税率の高いことでも有名。日本ではワインなどに比べビールの税率が突出して高いのです。

90年代初頭にビールの低価格競争が始まったとき、低税率の発泡酒が生まれ、注目を集めます。ビールの半額程度の値段である発泡酒は、家計の救世主として人気を博しました。ですが、発泡酒の税率は10年で2度も改訂されています。そしてその戦いは、第三のビールや新ジャンルと呼ばれる別次元へと移行し、各社趣向を凝らした新しい“ビール系”飲料が続々と生まれています。ちなみに、これまでお話したのは、2018年3月までのことです。

2018年4月でどう変わる?

nnattalli/ Shutterstock.com

じつは2018年4月から前述した定義が改訂になります。麦芽の量が改訂され「麦芽比率が50%以上」をビールと呼ぶことになります。3月までは「67%以上」だったので大きな改訂です。今まで発泡酒に分類されていたものが、ビールに分類されるものも出てくるため、税金もビールと同様になります。

どのジャンルのお酒を飲むのかは、味わいの好みによるところも大きいですが、やはり価格の安さは魅力です。酒税が抑えられている発泡酒や第三のビール、新ジャンルは、おいしさに加え価格の優位性も魅力のひとつでした。

2018年3月までの酒税は、いずれも350ミリリットルあたり、ビール77円、発泡酒約47円、第3のビール(新ジャンル)約28円でした。ところが、2018年4月の定義改訂により一部の発泡酒は、価格の優位性を失うことになります。

逆に個性的で特徴のある発泡酒を造っていたブルワリーの一部は、「ビール」として売り出すことができ、ビールのバリエーションが増えることにもつながりそうです。

国税庁のホームページ抜粋

4月以降、ビール市場の変化に注目ですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識