特別なときに! 手の届くシャンパンおすすめ3銘柄

特別なときに! 手の届くシャンパンおすすめ3銘柄

結婚式やパーティー、会社の創業記念など華やかな場面で栓を開けることの多いシャンパン。少しお高いお酒、という印象ですが、銘柄を選べば普段自宅で飲むこともできます。日常に起こる少し“特別な日”に飲むシャンパンを紹介します。

  • 更新日:

シャンパンとはどんなお酒?

unpict/ Shutterstock.com

発泡性のあるワインをすべてシャンパンと思っていませんか? シャンパンはスパークリングワインのなかの1カテゴリーであり、すべてのスパークリングワインがシャンパンという訳ではありません。

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインのこと。つまり、フランスのシャンパーニュ地方以外で造られるスパークリングワインや、他国のスパークリングワインはシャンパンではありません。もちろんそれだけではなく、フランスのワインの法律に規定された条件を満たしたものでなければシャンパンとは名乗れません。

シャンパンは、使用できるブドウ品種が限られており、基本は「シャルドネ」「ピノ・ノワール」「ピノ・ムニエ」の3種類です。これらをブレンドして造られるものが定番ですが、シャルドネだけで造られるものは「ブラン・ド・ブラン」、ピノ・ノワールとピノ・ムニエから造られるものは「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれます。

また、スパークリングワインの製法は大きく分けて2つあり、ワインに糖分と酵母を加えて二次発酵させ、その時に生じた炭酸ガスを瓶内に封じ込める方法と、炭酸ガスをワイン中に直接吹き込む方法があります。前者はさらに3つに分けられますが、シャンパンはそのうちのひとつである「トラディッショナル方式(シャンパン方式)」と呼ばれる製法で造らなければならないのも特徴です。

その他にも熟成期間やアルコール度数など細かい決まりを満たさなければ「シャンパン」とは呼べないため、とても貴重なお酒なのです。

以下に世界的に有名なシャンパンをいくつか紹介します。

世界でも人気の「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル」

360b/ Shutterstock.com

1743年に設立されたモエ・エ・シャンドン。ルイ15世の愛妾だったポンパドゥール夫人やヴィクトリア女王もこよなく愛し、ヴェルサイユ宮殿をはじめ、華やかな社交界でふるまわれたこのシャンパンは、その品質の高さからあっという間に世界中にその名を知られるシャンパンへと成長していきます。モエ家と旧知の仲だったナポレオン1世との親交の証として「アンペリアル=皇帝」の名前がつけられ、ナポレオン生誕100周年にあたる年に初めて出荷されました。スポーツの表彰式でシャンパンを開けるパフォーマンスや、祝福のアイコンとして有名なシャンパンタワーも、モエ・エ・シャンドンが始めたのがきっかけ。日本に初上陸したのは1903年で、現在でもその芳醇さとエレガントさで人気のシャンパンです。

シャンパン通に人気の「ヴーヴ・クリコ イエローラベル」

Ekaterina_Minaeva/ Shutterstock.com

1772年に設立されたメゾン「クリコ」。マダム・クリコが現在でも使われている動瓶台を考案したことからヴーヴ・クリコはその後急激に発展し、マダム・クリコはシャンパーニュ界の「偉大なる女性(ラ・グランダム)」と呼ばれるようになりました。その後、当時では珍しい黄色のラベルを採用することでその改革心を示し、イエローラベルはヴーヴ・クリコの際立った特徴のひとつとなったのです。

2010年にはバルト海の難破船でシャンパーニュボトルが発見され、145本のうち47本がヴーヴ・クリコのシャンパーニュボトルでした。2世紀もの長い間海底に沈んでいたのにも関わらず中身の保存状態は極めて良好で、それは創設当初からヴーヴ・クリコのシャンパーニュが申し分のない品質であったことを証明するものとなりました。

力強さとバランスの良さ、程よい酸味で多くのファンを魅了しています。

マリーアントワネットも愛した「パイパー エドシック ブリュット」

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識