ふんわり、とろ~り? しゅわっと飲みたい? 女子的日本酒入門

ふんわり、とろ~り? しゅわっと飲みたい? 女子的日本酒入門

  • 更新日:

■麒麟 山廃仕込み 純米吟醸(下越酒造)
スッキリとした上品で繊細な飲み口とフルーティーな香りの日本酒。冷酒で飲むのもおいしいですが、ぬる燗もおすすめです。

越乃冬雪花純米吟醸(高野酒造)

越乃冬雪花純米吟醸(高野酒造)

■越乃冬雪花純米吟醸(高野酒造)
ニューヨークなど海外でも人気。ぬる燗にすることでお米本来の旨味が際立ち、そのおいしさに驚くはずです。

“とろ~り”とした口当たりが日本酒の概念を変える?!

日本酒は、お米をアルコール発酵させてできた醪(もろみ)を酒袋などに入れて搾ります。このとき、荒くこしてもろみを残したものが「にごり酒」。そして、こさないでもろみが残ったままのものが「どぶろく」です。どちらも、通常の日本酒とは違い白濁しているのが特徴。「これが日本酒?」とその“とろ~り”とした味わいに、イメージしていた日本酒の概念が変わるはず。

白川郷純米にごり(三輪酒造 )

白川郷純米にごり(三輪酒造 )

■白川郷純米にごり(三輪酒造 )
お米のおいしさをそのままに日本でも数少ない純米のにごり酒。とろりとした舌触りと甘味が口いっぱいに広がります。氷を浮かべて飲むのがおすすめです。

どむろく渓流(遠藤酒造場 )

どむろく渓流(遠藤酒造場 )

■どむろく渓流(遠藤酒造場 )
お米などの原材料が発酵したまま、ろ過していない状態なので見た目はヨーグルトのよう。とろりとした味わいとシュワ~っとした口当たりが絶妙です。しっかり冷やして飲みましょう。

“じっくり”熟成された日本酒はゆったり飲んで

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識