ウイスキーの味わいをとことんたのしむストレート
出典 : James.Pintar/Shutterstock.com

ウイスキーの味わいをとことんたのしむストレート

  • 更新日:

ウイスキーの味と香りをじかに味わう

ウイスキーの飲み方にもいろいろありますが、ウイスキー本来の味や香りをしっかりと味わいたいなら、ストレート(ニート)で飲むのがおすすめです。ストレートで飲むときは、小さめのショットグラスやモルトグラスなどに3分の1~2分の1くらいウイスキーを注いでいただくのが一般的。

冷たいと香りがウイスキー本来の香りが立ちにくいので、常温でいただきましょう。ウイスキーをストレートで飲む場合はアルコール度数が高いままなので、少しずつ口に含み、ウイスキーの芳醇な香りをたのしみながらゆっくりと味わってください。

チェイサーってなに?

SedovaY/ Shutterstock.com

チェイサーとは「チェイスするもの」、つまり追いかけるものという意味で、強いお酒をストレートで飲む際、一緒に飲む清涼飲料のことをいいます。一般的にはくせのない水の場合が多いのですが、ソーダ、ジンジャエール、さらにはビールなどをチェイサーに好む人もいます。

ウイスキーをストレートで味わうときには、このチェイサーが必須。ウイスキーとチェイサーを交互に飲むことで、いったん口の中がリフレッシュされ、飲むごとにウイスキー本来の香りや味をたのしむことができます。

また、チェイサーを飲みながらウイスキーをいただくことで、酔うスピードを遅らせることもできます。たのしくウイスキーを嗜むために、チェイサーはウイスキーには欠かせない存在なのです。

ストレートで飲みたいウイスキー考

Oleksandra Naumenko/ Shutterstock.com

ストレートで飲むなら、おすすめなのがスコッチウイスキー。スコッチウイスキーはその名のとおりスコットランドのウイスキーですが、本場ではストレートで飲むのが基本です。これは、寒さをしのぐために、アルコール度数のウイスキーをストレートで飲むことが習慣だったからなのだとか。

こんな本場の飲み方はやはり憧れですよね。ストレートはウイスキーの味をダイレクトに感じられる飲み方だけに、グレードが高いウイスキーでトライしたいものです。

樽熟成された貴重なウイスキーなど、本格的なウイスキーで試してみてください。

ショットはどのくらいの量?

Hunter Bliss/ Shutterstock.com


ウイスキーをストレートでいただく場合に使う「ショットグラス」というグラスがありますが、このショットとは、どういう意味かご存知ですか? 実はショットとはお酒の1杯分のことを指す言葉で、シングルとも呼ばれています。日本では、一般的に30ミリリットルがワンショット。また、ワンフィンガーもほぼこれと同量を指します。

バーなどでウイスキーを頼む場合、シングルかダブルかを聞かれるのが流れですので、覚えておくと便利です。

関連情報